ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

カテゴリ:陰生水草( 8 )

たまには水中の話でも。
Schismatoglottis roseospatha(スキスマトグロッティス・ロゼオスパタ)
d0209934_20293880.jpg

地味に増えました
d0209934_20305872.jpg
d0209934_2031721.jpg

ブセファランドラともまた違った雰囲気でいいです。
西カリマンタン産に若干似てるかな?と感じますがこちらは葉先がシャープに尖ってます。
d0209934_20341539.jpg
d0209934_20343620.jpg

葉っぱは若干ウェーブがかってます。
d0209934_20353184.jpg

葉色は真緑。よく見ると葉脈というのかな?細かな模様が見えます。

水中でも普通に育ってるのでスキスマでは珍しく水中も得意なようですね。
水中得意なブセと同じように育てられます。
ただし!
ブセみたいに刻んだりするのは控えた方が無難。
たくさん脇芽を出してやろうと刻んだところ、5つにカットして4つが腐りました。あまり細かく刻むのは危険っぽい。
結局かなりの数が腐ってしまったので思ったほど増えてません(^_^;
なので、そのまま伸びるに任せるという管理で維持。
d0209934_20432426.jpg

貴重な小株
d0209934_20444931.jpg

根っこはかなり伸びてました。

夏場の暑さであまり調子がよくない水槽ですがこのスキスマはコケもあまり付かず
綺麗に維持できてます。
ブセ、種類によっては黒髭ゴケが見苦しい状態だったりします....
室内水槽は現在換水ペースも月1とかだったりするんで仕方ないんですが意外とシダ病も出ないもんですねw
[PR]
by small_aquaworld | 2011-08-27 20:50 | 陰生水草
数日前に引き戸で指を挟んじゃったのですが未だに痛いです。
2日位は面白いくらい膨れてたけど現在では腫れが引きました。でも内出血がすごい(苦笑
が、こうやってタイピングで指を使うたびに地味に痛い。なら記事書くなよって話ですがw

ま、それはどうでもよくて前の記事で話題に出した新しく入手した水草についてです。

ミクロソリウム トライデント(アクアフルール)
d0209934_22111433.jpg
d0209934_22112244.jpg
d0209934_22112813.jpg

文字通り三つ又になるミクロソです。
安く入手できて喜んでたのも前の話。よく見たら三又の形状も不規則なようです。
以前よりごく少数流通してた高価なトライデントリーフの方はこれが規則正しく出現するかも?ということです。やっぱり値段相応ってことなのかなぁ。
これに関してはグラッシーさんの検証を楽しみに待っておきます。
そのうち高い方はミクロソリウム トライデントリーフ(リアル)とかって呼ばれることになりそう(^_^;

Bucepharandra sp Capek-Black
AZ便。他にもあったけど今回はこの水草をチョイスしました。
カペックというのが現地語で疲れたと言う意味らしいです。採集が大変だったんですね~
d0209934_2228687.jpg
d0209934_22281350.jpg

左がM株、右がL株。
買ったテグス太すぎた...
今回は情報戦で後れを取ったので、るーつでL買おうと思ったら既に売約済み。仕方ないのでMを予約、その後別のショップでLを入手。
実物見る前に購入したのですが後悔することはなかったです。
このカペックブラック、かなり色が濃いのが特徴的。葉にウェーブは入らず、のっぺりしてます。
クアラクアヤンの葉っぱの色が濃いver.といった雰囲気です。
d0209934_22365123.jpg
d0209934_22365883.jpg
d0209934_2237355.jpg

水上だと色が濃いのは珍しくも無いので水中で確認するとこんな感じ。
色ですがやはりかなり濃いです。
うちだとクダガンに次ぐくらいかな。右奥に写ってるのがムラウィ。うちだとそれより濃い。
ちなみに奥のがトライデント。
現地葉なので仕方ないですがちょっと傷みが目立ちます。あとこの度はコケのオマケが付いてなかったな、残念。もしかしたらコケ付きの株もあるのかも。
人によっては重要かもしれないポイント、しっかりラメも入ってますよw
これ、水上葉のように感じるのでもしかしたら様子は変化してくるかもしれないです。
クアラクアヤンシリーズみたく、ここの産地も次回の採集は無いっぽいことを言われてるので気になった人は今のうちに入手した方がよさそうですね。

写真はないですがクリプト・フラミンゴも入手しました。
ピンク色のクリプトってのも衝撃ですよねぇ。比較的新しい種ながら一番有名なんじゃないかな?覚えやすいし。
水中に植えたけど、一種の洗礼ともいえる溶けは今のところありません。
このままピンクを維持してくれれば面白いだろうけどなぁ




オークションって珍しいものや良いものを安く手に入れる場と僕は考えているのですが中にはそうではない場合も。
今で言えばブセファランドラ。大株が盛り上がるのは分かるのですがゴミみたいな超極小の株が意外と高値で落札されてることも多々見受けられます。
そんな株よりもう少し出して店の株を買った方が後々お得だと思うのですが...
そういう株を入手した経験者として語るなら。
タイムリーなのだとパールグレイがすごいことなってます。
あの値段で考えたらうちの株は一体何万円になるでしょ?(笑
パールグレイについては現在入手が困難なので持ってない人には致し方ない面もあるのでしょうか。
アクアプランツが発売される前に既に品切れしてましたしね(苦笑
まぁ僕の場合はしっかりした大株にしたいので売りに出すことは無いでしょうね。
買い足すことはあるかもしれないけどw
[PR]
by small_aquaworld | 2011-05-05 22:55 | 陰生水草
アクアプランツで見てなにやら違和感を感じたロゼオスパタ。
うちのを紹介してみます。
Schismatoglottis roseospatha(スキスマトグロッティス・ロゼオスパタ)
d0209934_21133677.jpg
d0209934_21134246.jpg
d0209934_21134894.jpg

うちに来て2,3ヶ月くらいかと思いますが成長が遅いです。
初めからあった葉っぱは黒髭ゴケがたくさんだったのでほぼ毟り取り、結果として1,2枚くらいの葉しかない状態だったかと思います。
じっくり見てみると手前の一枚はのっぺりしたのが展開してる。今気付きました。
完全水中葉はこういう感じ?個人的にはウェーブが入った方がいいけどなぁ

ところでroseospathaというのは赤い剣という意味らしいですが何が赤いのでしょう?
葉っぱは深緑だし、仏炎苞が赤いとかなのかな?
この水草も世界中を検索してみたんですが情報が少ないので結構謎です。
どうやらスキスマというのはブセとは近い種類みたいですね。
大半のスキスマは水上オンリーなようですがこのロゼオスパタは水中も問題なく生育する変り種。
葉っぱの形もシャープでブセとは違った感じでまた面白いです。
こちらの今後もブセ同様、気になるところです。

d0209934_21324019.jpg

咲きそうで咲かない蕾。左の方が若干大きいよう。咲くとしたらこちらが先か。
先日、コケ対策にマツモとニテラを投入。どうなりますやら。




カミハタインド便の9弾が来るみたいです。
新しくは無いけどピンナティフィダのラトナギリ産って以前から出回ってるハイグロ・ラトナギリってやつかな。
両者の違いはラトナギリの方が切れ込みが浅いんだとか。

ハイグロ・バルサミカ THENKASI:写真だと普通のバルサミカ。ロカリティがはっきりしてるのがポイント?地名はどう読むんだろ。テンカシ?

ミゾハコベ THENKASI:個人的には一番興味があったり。前記事で話題にしたばかりだけどラトナギリのが育成が難しいからこれが簡単に育つようだったらステキだなぁ
成長の仕方もラトナギリ同様に匍匐しやすいようだと新たな前景草としていけますね。

水上葉だとちょっと判断しづらいですが、案外水中葉で化ける水草もあるかもですね~
[PR]
by small_aquaworld | 2011-04-14 21:54 | 陰生水草
以前紹介したモスsp. スマトラから出た謎の物体のその後。

以前の記事はコチラ

この物体については、ほんだしさんより「じゃないっすか?」とのコメントから
実際に調べてみるとなるほど!それっぽいってことでということで決定。

普通、陸で出すものなんですがなぜか水中で展開中だったわけです。
朔、要は胞子嚢のことなので中には胞子がたっぷり、本来であれば胞子を放出するのでしょうが
残念ながらここは水中なんですよねーw
d0209934_2343144.jpg
d0209934_23431355.jpg

なんというかダメっぽい。ちょい元気なさげに見える。
このまま消えていくのではないでしょうか。

モスの場合、水上に上げたらこんな風に朔をたくさん出してくれるんでしょうね。
そういう楽しみ方も面白そうです^^
完全にアクアから逸脱してるとも思いますが(笑
[PR]
by small_aquaworld | 2011-03-06 21:16 | 陰生水草
さっき見たら変なものを発見。

d0209934_22141740.jpg


さぁどこに変なものがあるのか分かるでしょうか?
意外と目立ちませんw

d0209934_2216438.jpg

d0209934_221626100.jpg

これですね、コレ。
モスからなんか出てます。
今までこんなもの見たこと無いのでさっぱり分からん。
ナニコレ?蕾??咲くのか???
そもそもコケって花咲くんだっけか?
真っ黒い蕾(?)ですね、これ見てると紫式部欲しくなるな(笑

ついでなのでこのモスについて。
こちら、モスsp. スマトラ というコケです。
その特徴なんですが、枝垂れます
普通モスって光に向かって伸びたりするもんですが、こちらは逆に下方へといくヒネクレモノ。
そんな枝垂れるモスにもいくつか種類がありますが、これが一番入手しやすいかと思います。中国のどっかの産地のが一番入手しにくいかな、たぶん。
そんな変わったモスなので
「水面まで来ちゃった。伸びたからトリミングしなくちゃな」
という心配はありません。が、かなり成長遅いのであまり増えません(苦笑
うちでは2番目に遅い水草かな。一番遅いのはハネゴケsp. カメルーン...
一枚目でヤマトの乗ってるのもモスsp. スマトラ。

初めはいい感じに育ってて綺麗だったのですが
一月ほど太陽光下に放置したところ、見ての通り汚らしくなっちゃいました(;^_^
なんか茶色いところが目立ちますよね。元は青々としてたんだけど。
この汚らしい部分は仮根とかが多いっぽい。
このモス、綺麗に育てようと思ったらおそらくそれなりには光が必要と思うのですが、
太陽光は強すぎるのかもしれませんね。
これに限らず、モス全般でしょうが、強すぎる光は仮根を出す要因になるのでダメですね。
知っててもその時は他に置き場が無かったからどうしようもなかったんだけどさぁ(苦笑
過ぎたるはなお及ばざるが如しという言葉が身に沁みました...

でも!面白いモスで、育てばとても自然な感じになります。お気に入りのモスです。
増えにくいのだけど、逆に考えれば手間が掛からないというわけですしね。
ある程度のボリュームになれば、あとは綺麗な状態が長く楽しめるのでオススメですよ^^
[PR]
by small_aquaworld | 2011-02-10 22:51 | 陰生水草
増えてきたので株分けしました。
d0209934_0144915.jpg
d0209934_015523.jpg
d0209934_0151499.jpg

今回、株分けするのはこの植物。アヌビアス・コインリーフです。
ナナの改良品種みたいですね。丸葉がステキなアヌビアスです。
d0209934_0173521.jpg

じわじわ増えて気付けば一杯一杯になってました。意外と成長は(アヌビアスにしては)早い?
毎回掃除の際、砂利に潜り込んだ根っこが砂利をしっかりとくっつけていて割と邪魔くさいのでボリュームダウン&根っこを短くします。

しっかし流木の黒ヒゲ苔&石巻さんの卵がキモすぎる...
なぜかこの流木に狙ったように大量の卵が。他の流木やガラス面はそんなこと無いのに、この流木の何かを気に入ったらしい。ここまでの有様になっちゃうと1つずつ除去とかもう無理でしょ(苦笑
エサをたっぷり与えてるコリ水槽だからリン酸はどうしても過剰気味なわけでして。黒ヒゲは発生しやすい感じだ(;^_^
なぜかこのコインリーフには付いてない。ミクロソには微妙に付いてるのになぜだろ。

d0209934_0261794.jpg
d0209934_0262525.jpg

こんな感じで2つに株分け。とりあえずこれで数ヶ月は何もしなくていいだろう...
d0209934_0274095.jpg


ミクロソリウムの株分けは躊躇なく出来るんだけど、アヌビアスはちょっと怖い。
ミクロソは根茎が細いから手で曲げてポキッと楽にいけるが、アヌビアスは根茎が太い。しかも後者は下手すると切り口から雑菌が入って腐ってしまうときたもんだ。
一応セオリーとしては火で炙って滅菌したハサミでカットがいいらしいとか。したことないけどw

コインリーフも成長すれば結構大きくなるみたいで、アヌビアスでは中型くらいのサイズでしょうか。思ったより場所取るわ。ナナ・プチが欲しいなーと思ったりする今日この頃。
[PR]
by small_aquaworld | 2011-01-25 00:42 | 陰生水草
この前紹介したアヌビアス・バルテリー ストライプの蕾。
今日見たら咲いてました。
d0209934_035588.jpg

d0209934_0352938.jpg

以前にどこかで見た画像もこんなのだったはず。
これで開花と考えていいだろうと思います。
まぁ綺麗なものでもないですが、とりあえず面白いのでヨシ(笑

水芭蕉の花とかに似てなくも無いかも。何かもっとよく似たのがあったと思うけどなんだったかな。

アヌビアスにもナナ、ヘテロフィラ、ハスティフォリアetc....色々とありますが、アヌビアスの花は全部こういうものと考えていいのではないでしょうか。

ここからどうなるんだろ。種とか出来ないのかな....
[PR]
by small_aquaworld | 2010-12-14 00:47 | 陰生水草
今度は水中の話。
アヌビアス・バルテリー ストライプに蕾らしきものを発見。
d0209934_2349664.jpg

今まで全く気付かなかったけど長さがあるので結構前からあったのかも(汗
デカい葉っぱと比べると大きさが控えめに思えます(実際、地味な花みたい)。
d0209934_2351531.jpg


今まであまり育てた経験が無かったこともあり、
アヌビアスの開花は初めてになるので楽しみだったりします^^

うーん。いつ頃咲くんだろう?
まだ掛かるのかな?
[PR]
by small_aquaworld | 2010-12-11 23:56 | 陰生水草