ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

カテゴリ:ホマロメナ( 6 )

Homalomena sp. Loksado(ホマロメナ・ロクサド)
新葉が綺麗だったので
d0209934_1901330.jpg

赤いビロード葉
d0209934_1912515.jpg
d0209934_1911863.jpg
d0209934_1911255.jpg

落ち着くとシックな色合いに
d0209934_1922350.jpg


サイズもコンパクトに収まるので省スペースでよろしい
単に管理不足ともいう(笑
夏越しはどうしようかな?
[PR]
by small_aquaworld | 2014-05-17 20:15 | ホマロメナ
今週末より開催される世界らん展。今年は行けそうもないので残念。
頑張れば行けないこともないのですが東京はやっぱ遠いからなぁ(^_^;
もし行けたとしたら
去年は何か気になったモンキーオーキッドの展示のような、個人的に興味を惹かれるものは今年は無いので
ジュエルオーキッドの物色のみに注力できますなw
あとは板コルクの入手。
去年のらん展で購入した板コルクが高品質でチランジア着生用に非常に使いやすかった。
あの店の名前はなんだったかな。その後、色んな所で購入したけどこの時のが一番良かった。
因みにジュエルオーキッド。
去年行った感じだと値段的なメリットはほぼ無いと思う。
で、売り方によっては結構ヘタってたりするので入手してもそのまま消滅の可能性も意外とある。
それでも実際に見て選べるってのはやはり魅力的。
特にアネクトのバリエーションの多さは見てて飽きませんでしたね。

Homalomena sp.aff.insignis “Sarawak”(ホマロメナ・インシグニス・サラワク)
d0209934_21222056.jpg
d0209934_21221677.jpg
d0209934_21221195.jpg

一応生きてます。
密閉したケージに放置で一年ぶりに戸を開閉したらよく分からないコケが蔓延っててビビりました(タチゴケっぽくて意外と綺麗だったw)が中のホマロメナ等は意外と生きてました。
ロストしたのは1株のみだったのでやはり育てやすいですね、ホマロメナ。

このインシグニスはマウントベサール同様のビロード調の葉っぱ。
シックで落ち着いた色合いがギラギラと下品な輝きが魅力のジュエルオーキッドとは違った魅力を放ちます。
ま、どっちも好きなんですけどね(笑
d0209934_2122120.jpg

環境が改善して今までの鬱憤を晴らすかのごとく、やたらと花芽を上げてきます。
この前全ての花芽を取り除いたのにまた新たに。
エネルギーは葉っぱに集中してほしい。
成長は緩やかですが今度は大株にしないとね。
[PR]
by small_aquaworld | 2014-02-11 22:36 | ホマロメナ
少し前に入手してたミリ産のホマロメナ
d0209934_2154291.jpg

日差しを受けて綺麗だったので
d0209934_21545533.jpg
d0209934_2155293.jpg

真っ赤な新芽は日光でキラキラとして素晴らしい^^
赤ビロード葉は遠目にも目立ちます。
d0209934_21572537.jpg
d0209934_21573149.jpg

来たときの葉っぱはこんなんで鑑賞にはイマイチかな
うちで展開してる葉っぱはがっしり、ついでに少しサイズアップwしてるので
来春くらいには綺麗な葉っぱが揃ってると思います。

お隣のミリ
d0209934_2212781.jpg

こっちの新芽はさっきの鉢のよりも控えめの赤で上品な感じ
先に紹介した株は葉脈が黒味がかって見えるのでまた違う印象を受けます。
株の状態によるのか、個体差なのかは?

大きくなってきてるといっても本来が小型種らしく、所有してる中では最小種になるかな?
小型で赤軸赤ビロード葉なので魅力的だと思います。
因みにHomalomena sp. Miriはこの他に2鉢、計4つありますが
まだまだ小さいので紹介するほどでもなく。
1鉢は状態が微妙なので枯れるかも....

割と珍しい産地なんですかね?
あまり情報無かったです。
入手の機会あればぜひ。オススメですよw




今回のAZ便のブセ、お年玉の方ですが
初見でクダガンみたいだなと感じました。
水中でどう変化するのか?クダガンみたいな青ラメになるのか?ちょっと興味はありましたが
なんか混ざったら分からなくなりそうだったので今回はスルーしました。
とか言って結局後悔するパターンは結構多いんですけどね(苦笑
そろそろ水槽の方のキャパも限界なので新規導入はなかなかしない、気がします。たぶんw
[PR]
by small_aquaworld | 2011-12-11 22:12 | ホマロメナ
d0209934_1157110.jpg
d0209934_1157785.jpg

最近の葉っぱはシワシワにならず綺麗に展開してるようです。
d0209934_11571450.jpg
d0209934_11572038.jpg
d0209934_11572531.jpg

子株の方も成長してきました。
たくさん増えてくれればまた常湿化にもチャレンジできます。
d0209934_11592396.jpg
d0209934_11592712.jpg

ベサールより赤いかもと書きましたが、ベサールの新芽真っ赤でした(^_^;
[PR]
by small_aquaworld | 2011-12-02 22:53 | ホマロメナ
新芽がめっさ赤い!!
d0209934_0354222.jpg

前の葉っぱもそうだったんだろうか?よく分からない....
d0209934_0362858.jpg

普段はあまり見ないのでたまに見た時にハッとさせられる。
濡れてるから余計に赤く見えるのかな。
でもベサールより赤いかもしんない
d0209934_0381699.jpg

でもロクサドってあれですね、直立性が強いですね。
上に上にとどんどん伸びてる。
ベサールなんかはまだ横にも広がるんでそういう印象は無い。後ろのドリルなのがそのHomalomena sp. Mt.Besarですね。
こう上にばかり伸びられると....これは近いうちに切り戻すことになるかもしれない
上に伸びやすいのは場所をとらない点ではいいんだけど
スペースが限られてる以上、大株にするのは難しいのかもしれない。

一応最終目標は常温・常湿での観葉植物化ではあります、全てのホマロメナについて。
でも常湿だと育ちはしても綺麗にではなかったりしてまだまだ課題は多いです。
イモ歴1年足らずなまだまだビギナーなので試行錯誤の日々ですね~
[PR]
by small_aquaworld | 2011-11-27 00:50 | ホマロメナ
今回の内容とは関係ないのですが、
ブセファランドラの増やし方でイモをカットするのはあまりオススメできない方法みたいです。
TBの季子さんは切らずに増やすみたいですよ。へ~ナルホドって方法だったんですが
今度ブログで紹介してくれるということなので詳細はアップされるのを待ちましょう^^
うーん、でもうちではやっぱりカットかなぁ?リスクはあるけど手軽なんで(^_^;

で、本来の話題、Homalomena sp.aff.insignis “Sarawak”について。
王虎さんが紹介してたんでうちのも紹介すっか!ってノリw
そろそろ紹介しようかなと思ってたところだったのでいいタイミングだったと思います(笑
d0209934_1164877.jpg

なんとか見れるレベルまで回復してきました。導入時の葉数くらいになったかと。
導入時は夏場で蒸れが怖くていきなり常湿栽培したんですがそしたら殆どの葉っぱがダメになっちゃったんですよ。根っこ張るまでは慎重に行くべきだったんでしょう。
その結果、葉っぱが2,3枚という無残な姿になってたので紹介が出来ませんでした(^_^;
d0209934_163772.jpg
d0209934_164666.jpg

そんなわけなので現在の葉っぱはほとんどうちで展開したものなわけです。
こんな色で落ち着いてます。
d0209934_18478.jpg
d0209934_181056.jpg

ちょっと時間経った新芽はライトブラウン。新芽は赤でした。
d0209934_192798.jpg
d0209934_19324.jpg

まだ回復途上といったところなのでもっと色が深まるといいなーと思います。
実際問題、色は全然なんですよね(苦笑
個体差も結構あったとは思うんですがもっと赤くなるはずなので今後に期待。

どうでもいいけどインシグニスとインフェルナリスでよく間違えかけます。
今回もホマロメナ・インフェ、じゃなくてインシグニスみたいな感じで。
紛らわしいなw

カテゴリが非常にカオスになってきたので「ホマロメナ」を独立させました。
気付けば10以上あるかもだしw
他のも分類が無茶苦茶で自分でもよく分かんないことになってるのでそのうちに直せたらいいなと。
今年中には修正したいっすね。
[PR]
by small_aquaworld | 2011-11-22 01:24 | ホマロメナ