ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

カテゴリ:食虫植物( 5 )

外だと良く咲きます
ノタヌキモ
d0209934_1823264.jpg

d0209934_1824238.jpg

どのくらい咲き続けるのか分かりませんが毎日花が見れます
d0209934_1833120.jpg

d0209934_1834260.jpg

d0209934_1835189.jpg

こうやって花芽が水面からかなり高い位置まで伸びて開花
室内の水槽だと照明に当たって焦げたりするけど外だと伸び伸びしてます
続々と咲くので太陽光は偉大ってことですね

ムジナモ
d0209934_187212.jpg

d0209934_1875437.jpg

d0209934_18833.jpg

d0209934_188137.jpg

d0209934_1882211.jpg

しかしこっちの花は未だに見たことがありません
ムジナモの開花は超激レアで更に開花時間も超短いらしく、見れたらラッキーらしい
花は見れなくてもこの繊細なつくりの草体が好きなのでまあいいんですが
もう少ししたら冬芽という越冬モードになっちゃうので今のうちに室内水槽用に少し収穫
室内水槽だと流れがあるのでどうしても調子が上がらないムジナモ(^_^;
[PR]
by small_aquaworld | 2014-11-24 18:44 | 食虫植物
Drosera oblanceolata(ドロセラ・オブランケオラタ)
d0209934_2055023.jpg
d0209934_20545694.jpg
d0209934_20545250.jpg

ドロセラとは所謂モウセンゴケの仲間
淡い桃色の5弁花でした
草体サイズがそもそも小さいので花も小さいわけですが花自体は結構綺麗でした
割と好みかも
種を飛ばして至る所にアホみたく増えるスミレなんかよりずっといいです
育て始めて知ったのですがドロセラの花は一日花なんですね
花は数時間開花して寿命を終えます
でもちょこちょこ咲いてるので意外と開花数はあるかもしれない
d0209934_2143195.jpg
d0209934_2142524.jpg
d0209934_2142098.jpg

付いてる丸い粒は水ではなく、粘液
屋外に出してから明らかに粘液がたくさん分泌されるようになりました
まだまだ綺麗になるようですが既に満足してたりします
因みにこの粘液、甘いらしいです(もちろん未確認w)

オーストラリアが原産だったりで明るい場所が大好きなようですが
どうやら真夏の日本でそのまま日向で栽培とはいかないようです
原因は日照ではなく、温度らしい
最近の日本の夏は殺人的な暑さですからね....
梅雨明けまでに遮光とか考えた方がよさそうです




食虫つながりでセファロタス
隣に置いてるんですが何か調子が悪そう。ついでに右のカペンシスも
なぜかと不思議に思ってたんですがどうやらナメクジの仕業らしい。。。
屋外栽培ゆえに起きた悲劇ですね
ミズゴケ植えのセファロタス、用土の中はヤツラがいっぱい
ナメクジの卵なんか初めて見たわ
見た目は消臭ビーズですなww
対策は色々あるだろうけど根絶は不可能だなぁ
なんとかうまく付き合っていくしかないね
とりあえず用土にミズゴケが使えないことは確かだ
[PR]
by small_aquaworld | 2014-07-01 19:10 | 食虫植物
TVで食虫植物の特集をやってました
食虫の中でもメジャーなハエトリソウやネペン、ドロセラなんかを紹介してた
個別紹介は無かったけどさりげなくヘリアンフォラの写真が出てた(パッと見だからサラセニアだったかも)
最近ちょっと関心が出てきて調べてみたりするんですけど、
食虫植物といってもかなり種類があるんですね
水陸両用だったり、完全に水中のみが生息圏のものもあるし

今回はそんな食虫植物でもちょっと珍しいものを紹介
Cephalotus follicularis(セファロタス・フォリキュラリス)
d0209934_21242438.jpg

セファロタス・フォリキュラリスと読むらしい
日本だと学名は英語読みで定着してる場合が多いですね
オーストラリア固有種で一属一種ですが、サイズや色でいくつかあるようです。これはノーマルタイプ
現地では崖とか斜面にびっしり生えててちょっと異様な光景(^_^;
d0209934_21254100.jpg
d0209934_21251537.jpg
d0209934_21252366.jpg

この捕虫葉を見れば分かりますがポットン式というか落とし穴式の捕虫方法です
ネペンテスやサラセニアと同じタイプですね
形状はネペンテスによく似てる
たぶん中には消化液があるんだと思います(小さいので見れない)
セファロタスは葉っぱだけを地上に展開するので不思議な感じがします
d0209934_21335339.jpg
d0209934_21334596.jpg
d0209934_21333856.jpg

ミニサイズの捕虫葉も多数控えてるのでこれらも育てば見応えがありそうだけど成長は遅いとか(^_^;
上手く育てるとアダルトサイズの捕虫葉ももっと大きくなるようです
ドラクエにこういうモンスターいましたよね(笑

葉っぱには捕虫葉のほか、さじ状の葉っぱの2タイプあり、どっちの葉でも葉挿しすれば増やせるらしいです
とはいえ観賞価値の高い捕虫葉をあえて葉挿しに使う理由は見当たらないので
葉挿しの際にはさじ状の葉を使うことになるでしょう

このセファロタスがホムセンに無いかな~?と探してみたんですがなかなか見つからなくって...
この株、結構高かったのでもしホムセンにあれば飛びつくんですがねw
まだ育て始めたばかりで手探り状態なんですが、
どうも気難しい植物らしいのでなんとか維持できればいいんだけど
実のところハエトリソウはあまり好みでなくて
このセファロタスは見た目もコンパクトに管理できる点もツボなんでたくさん増やしたいところなんだけども

とりあえず自分なりに管理してみようと思います←初心者が失敗するパターンな気もするなぁ(苦笑
[PR]
by small_aquaworld | 2014-05-21 21:52 | 食虫植物
ホームセンターで発見
Drosera capensis(ドロセラ・カペンシス)
d0209934_1953134.jpg

早くもホムセンに食虫植物コーナーが出来ていました
購入したのは日本人にもお馴染みのモウセンゴケ
結構立派な株でした
因みに卸してたのは、大彰園という会社でした(ホムセンに並ぶのは他にも何社かあるらしい)
他にもハエトリソウやネペンテス(ウツボカズラ)、サラセニアなんかが置いてありました
ハエトリソウの捕虫葉、内側を2回触って閉じさせてみたりしてww
※やりすぎると枯れるので注意しましょう
d0209934_19142338.jpg
d0209934_19141762.jpg
d0209934_19141135.jpg

既にいくつか虫が捕まってた
ジュエルオーキッドの鉢に気付けばコバエがいたりってことがあるので
うまく捕まえてくれないかなと期待

ドロセラは他にもいくつか栽培中だけど乾燥気味に育ててるから
粘着液があまり見られないんだよなぁ(^_^;

ホムセンにはドロセラ・カペンシスの名で草体が赤みを帯びない
アルバ個体と思われるものもあった
並んでる株は入荷したてだから状態は良かったです
残念ながら一番欲しかった食虫は無かったけど
メジャー種は一通り揃ってました
ミミカキグサ系がちょい少なかったけど
これから夏にかけて種類が豊富になってきそう
[PR]
by small_aquaworld | 2014-05-17 20:16 | 食虫植物
ノタヌキモ Utricularia aurea
水槽のメンテをサボってたらノタヌキモが沢山開花してましたw
せっかくなので処分する前に記念撮影
d0209934_23193560.jpg

こっちは初見なのですがなんと結実してました
d0209934_23204417.jpg
d0209934_23203975.jpg
d0209934_232033100.jpg

なかなかに不思議な形...
ベクターとなる生物は居なかったはずなので自家受粉
いくつか結実してたので割と自家受粉しやすい様子

捕中嚢が非常に小さく目立たないので食虫植物としては、はっきり言って人気が無いと思いますが
水草としては繊細なつくりが非常に美しい植物なので観賞にも向いてます。
ただ成長が非常に早いので、マツモ的扱いとなってしまいますが....(^_^;
[PR]
by small_aquaworld | 2014-04-19 20:55 | 食虫植物