ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

カテゴリ:ビオトープ( 66 )

スイレンの開花数もぐっと少なくなりました
涼しさというより根詰まりとかが理由ですが(笑
熱帯種だと早くも休眠に入ってきた株も出てるようです

そんな中でこれから勢いが出てくるのがコレ

ミズサンザシ
d0209934_18245720.jpg

d0209934_18253917.jpg

早いものは開花し始めました

d0209934_18264562.jpg

d0209934_18265696.jpg

全体的にはこれから葉っぱが出てくるといったところで
まだ発芽してない株の方が多いようです

今夏は冷夏でミズサンザシも割と葉っぱが残った状態で夏を越せてたんですが
残ってた葉っぱはミズメイガに食い尽くされてしまいました(^_^;
こいつら浮葉植物ならなんでも喰いますね....

ミズサンザシの開花数増えてくるのは11月入ってからかな
ホントは植え替えしておきたいところだけど
発芽してない状態だとバルブ気付かずに捨てちゃいそうだからなぁ
このままいくかな
ミズサンザシの植え替えは基本いつでもいいけど
春~夏前のあたりが一番やりやすいかもしれませんね
[PR]
by small_aquaworld | 2014-09-30 18:42 | ビオトープ
今度は2種類
ドワーフアマゾンフロッグビット
d0209934_19134248.jpg
d0209934_19133811.jpg
d0209934_19133363.jpg

どっちもドワーフアマゾンフロッグビットの花
雄花と雌花で2種類存在します
どっちがどっちか分かりませんが(^_^;

受粉したら種が出来るのか?もわかりません
あえて種を取る必要もありませんけどww

d0209934_19181547.jpg
d0209934_19181064.jpg

一瞬ドワーフアマゾンの種子か!?と思ってしまったけどそんなわけないですね
多分ポンテデリアの種子(?)が落ちたものです
ポンテデリアも株の維持にあえて種子を使う必要性は無いですね

なぜか最近よく咲いてるようですが何が開花スイッチになったのかな?
ホテイアオイやイトタヌキモ、アナカリスあたりと比べるとあまり咲く植物でもないと思うのですが...
[PR]
by small_aquaworld | 2014-07-12 20:11 | ビオトープ
ドワーフアマゾンフロッグビット
花が咲いてたのでパチリ
d0209934_1903040.jpg
d0209934_1902699.jpg

あまり開花した記憶が無いのでかなり珍しいんじゃないかと
非常に地味な花ですが―
そもそもランナーでどんどん増えていくようなやつなので
本人(?)も花はオマケみたいにしか考えてないのかも


巨大になるアマフロに比べると、ドワーフの名の通り常識的な大きさに収まります

間違えてる人も多いんですが
フロッグットでなくてフロッグットが正解
[PR]
by small_aquaworld | 2014-07-09 19:53 | ビオトープ
近づくと寄ってくるメダカたち
d0209934_2110647.jpg
d0209934_2110290.jpg
d0209934_2195741.jpg

まるでエサやってないかのようですが毎日ちゃんとあげてますよ
「エサくれ!」とでも言うかのように殺到するメダカ
いつもここにエサ落としてるのでここに集合w
決定的瞬間がうまく撮れなかったけど、コイの密集と同じくらいぎっしり寄ってきます。。。
もちろん指突っ込んだら指に寄りますよ。すっかり餌付けされてますなー

そのベビーたち
d0209934_21152388.jpg

結構育ちました―が、だいぶ数が減ってるな
増やそうと思ったらサイズでマメに分けないといけませんね
d0209934_21181140.jpg

朝見ても晩見ても居るし...まるで置物
最近2匹に増えました(^_^;
d0209934_21203771.jpg

そろそろ咲くと思ったんだけどね~
温帯種は植え替えたら付いてた蕾が軒並み腐ったらしい
今年の開花はゆっくりです
そして早くもアブラムシいっぱい。憂鬱です

d0209934_21211887.jpg

温帯種の開花もまだだけど熱帯種を屋外に出しました
無加温フェルト組はGWに外に出しましたが、今日はそれ以外の加温栽培組を全部外へ
フェルト式で越冬させたものでも未だ目覚めない株が結構な数あります
バルブは固くても、期待せずに失敗したものと考えた方がよさそう
そんな中早くも
ゾルフォ・スター、ビミニ・ツイスト、アバランチ、タンザナイト
あたりは死亡が確定いたしました(T△T)
どれも大きく育てた株だけど大きくしたら越冬難しいのかな?
アバランチ、タンザナイトなんかは複数株あったんだけど(^_^;


ところで。
レイチェル・プレスネルとかハンターズ・ムーンのリリースって無いのかなぁ
[PR]
by small_aquaworld | 2014-05-24 21:58 | ビオトープ
生マンゴスチンとうちゃ~く!
d0209934_20515478.jpg

あまりフルーツは好きじゃないけどこれは好き
南国フルーツなのにサッパリ系なのがナイス!
冷凍のは年中食べれるけどやっぱり別物だね
今あの国はクーデターでドタバタしてるからこれからは注文したら入荷遅れそうだなぁ

底に転がってたミズサンザシの発芽種子を掬ってみました
d0209934_20573095.jpg

塊になってるものもあったりして何かイネの苗みたいだった(笑
d0209934_20591746.jpg
d0209934_20591037.jpg
d0209934_2059336.jpg

成長具合に大きな開きがありましたが気にせず植えました
成長の早いものでは、柿の種みたいな種子の端にバルブを形成し始めてるものもありました

全部でこの2,3倍くらいの子苗がありました
意外とあった子苗ですが例年と比べると数がかなり少なかったです
あったところで枯らすので別にいいのですが
年々ミズサンザシの大株が減ってきているので
そろそろ真面目に育てないといけないなと感じています(^_^;
[PR]
by small_aquaworld | 2014-05-24 21:57 | ビオトープ
メダカの稚魚が続々孵化中
d0209934_18511317.jpg
d0209934_1851837.jpg

小さいから撮っても分からないですね(笑
下に転がってる黒い塊は、熱帯性スイレンの紫式部のムカゴたち。小さいけど発芽してます。

たぶんメダカ稚魚が現在100匹前後いるのではないでしょうか
d0209934_1854862.jpg
d0209934_1854354.jpg

親はこの幹之メダカたち。
強光~鉄仮面あたりの親なので子もそれなりに期待できるのではと思ってます。
幹之メダカの光の質や色、やっぱり色々あるようで子にも色んな個体が出ると面白いなぁと
稚魚のエサは粉末のものを基本として、ときどきビネガーイール
生餌だけあって嗜好性抜群??
喰ってるらしいのは観察できるけど極小すぎて見えん(苦笑
ブラインシュリンプなんかよりも遥かに小さいので孵化直後から与えれるのが良いですね

毎日数百の卵を産卵してる割には産卵床にはほとんど付いてないのでほぼ産み落としてるらしい(^_^;
1つの産卵床をそのまま2週間近く使ってるのですが食卵とかもあるのかな?
d0209934_1923378.jpg

ここのカエル、いつもこのポーズw
手前にも同じようにいるからこのプラ船に計3匹住んでる
カエル鈍くさそうだし、メダカとの共存は可能かな
庭にはネコもよく来るけどメダカなんか見向きもしないし(水を飲んでるのは見かけるw)
天敵となるのは水生昆虫以外だと鳥類と人間でしょうか
特に後ろ2つは被害に遭った場合は壊滅必至なので要注意ですね。。。
[PR]
by small_aquaworld | 2014-05-03 19:50 | ビオトープ
こちらでは産卵中
d0209934_13363550.jpg
d0209934_13362933.jpg
d0209934_13362474.jpg
d0209934_13361831.jpg
d0209934_13361310.jpg
d0209934_1336737.jpg
d0209934_1335447.jpg
d0209934_13353699.jpg
d0209934_13353298.jpg

動いてるのを撮るの難しい....

人工産卵床を使ってますがあまり産み付けてくれないのでホテイアオイ買ってきました。
やはりこちらの方が人気がありますね。
時期的に早いので園芸コーナーにホテイアオイは出回っておらず、少々高くなるけどアクアコーナーのホテイアオイを入手しました。

今年はもっと増やしたい幹之メダカ。
専門店で買うか、オークションで買うか迷ってたんですが
意外と順調に産卵を始めてくれたようなのでこの卵を回収すればそこそこ増やせそう^^
口先まで光の伸びた鉄仮面ペアもよさ気で、卵20個くらいつけて泳いでるメスもいるのでこれを使わない手は無いかな
オークションでは結構騙されたりしてるしな~w
[PR]
by small_aquaworld | 2014-04-05 14:17 | ビオトープ
Aponogeton distachyus( アポノゲトン・ディスタキウス)
d0209934_1141979.jpg
d0209934_1141338.jpg
d0209934_11405843.jpg

暖かくなってきて花数が増えてきたミズサンザシ
数えたところ、20ほど咲いてるよう
d0209934_11405294.jpg

次に控える花芽も
d0209934_11404717.jpg

これはもうちょっとで咲く

改めて見るとミズサンザシの花芽っておかしいです。
咲く際には↑のように頭頂部の帽子を脱いで開花となります。
脱いだ帽子は不要なのでその辺に散らばりますw
なら初めから無くてもいいような気もするのですが....

夏場以外は開花可能だけどやはり春先が一番良く咲きますね
秋は夏眠明け、冬場は寒いから少ししか咲かないし凍るし。
色んな水生植物・抽水性植物を育てましたがこのミズサンザシが一番管理が楽。
場所取らないし、2年くらいは植え替えなくても普通に咲く。
たぶん4年くらい育ててるかと思いますが
最近になってやっと栽培のコツを掴んだような気がします(^_^;
次の植え替え時にはそのあたりを生かせればいいのですが忘れてそうw
[PR]
by small_aquaworld | 2014-03-30 12:59 | ビオトープ
水山査子(ミズサンザシ)
d0209934_22152082.jpg
d0209934_22151283.jpg
d0209934_2215798.jpg
d0209934_22145939.jpg
d0209934_22145428.jpg

この時期にふさわしい純白の花

画像はかなり前の様子なので今はもっと花数が増えています。
が、寒さも本格的になってきたので朝方には氷が張ってることもしばしば。
花が氷の中に閉じ込められてる様をよく見るので花が凍みることも出てきそうです。
寒さにはかなり強いですが流石に厳寒期には花数が落ちますね。
植え替えも肥料すらも与えてない状況でもこのように咲いてくれるのでかなり育てやすい植物。
夏場をうまく過ごせば年中花が見れるかも!?
うちでは最長で10月~7月までの開花でした。その後また9月か10月開花。
d0209934_22235517.jpg

毎年きちんと結実してくれるのですが―
春先100以上発芽してても、秋口に見ると結局殆どが消えています。
それなりの管理をしないと子株の夏越しは厳しいです。
逆に2年以上経た大株だと放置してても滅多なことでは枯れません。
地力が違うので、涼しくなってからの葉っぱの展開速度やサイズ自体も全然違いますね。
上の写真でも明白ですが大きい葉っぱが大株のもの。

これで花色にバリエーションがあればもっとメジャーになれそうなんだけど。
花はアレだけどクリスプスみたいな紫も出来たりすれば面白いし、
スイレンみたいに赤とか黄色、青みたいなのがあれば!とか(笑
他のアポノゲトンとの交配で出来ないものだろうか。
[PR]
by small_aquaworld | 2013-12-29 19:19 | ビオトープ
今季(?)も咲き出しました

Aponogeton distachyus(アポノゲトン・ディスタキウス)
ミズサンザシの名でよく呼ばれますね
d0209934_222355.jpg
d0209934_2222833.jpg
d0209934_2221958.jpg

これは咲き始めの花。

少し経つとこんな感じ
d0209934_224232.jpg

ま、伸びるのはここらあたりまでかな。

開花一番乗りを果たしたのは2年以上の大株でした。
まだ葉っぱを出し始めたばかりなのですがやはり地力が違いますね~

全体像
d0209934_2241232.jpg

全体としてはまだまだこれから。葉っぱ無いんで(笑
本格的な開花は10月入ってからでしょう。

今年発芽の株も開花はできるけどスタートに差が出ちゃう。
涼しくなってきて息を吹き返してきましたミズサンザシ。
今年は例年以上に暑かったためか、夏季には葉っぱがゼロになりました。
開花も早ければ8月中から始まりますが結局9月中旬になってしまった(^_^;
[PR]
by small_aquaworld | 2013-09-21 02:34 | ビオトープ