ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

赤エビ

前の記事を確認すると
レッドファイヤーシュリンプを飼育しだしてもう3ヶ月経つのですね。
d0209934_23375733.jpg

一匹ポーズ取ってたので撮影してみました。
数分くらいはジッとしてました。脱皮したかったとか?
d0209934_2338312.jpg
d0209934_2338965.jpg
d0209934_23381440.jpg
d0209934_23382172.jpg
d0209934_23382798.jpg
d0209934_23383335.jpg

写ってるレッドファイヤーは全て違う個体です。
光の当たり方もあるのですが赤の質にも少し差があります。黒味がかった赤やら朱色やら。

そして今回の話題、そんなレッドファイヤーが抱卵しました!
ここでちょっと言い訳など―
チャームの説明にもあるように購入したのはほぼ♀個体が来ます。
うちに来たのは数匹色の薄い個体がいたのでそれが♂であることに一縷の望みを託してたんですが
水槽の環境に慣れるとどの個体も真っ赤になり、区別できなくなりました。
この時点で♂がいる可能性、かなり微妙(^_^;
苦肉の策として、一月前にレッドチェリーの♂を投入。
そしてつい先日レッドファイヤーに抱卵を確認しました。
元は同じ種だから交雑と言うほどでもないし、
♂に関してはどっちもそこまでの差はなさそう。
たぶんグレードダウンの心配もそんなにいらないんでないかなと思ってます。

複数種のエビを混泳させてると調子のよい種類以外はパッタリ抱卵が止まったという経験があるんですが何かあるのかな。レッドビーがけっこう順調、一方レッドファイヤーは抱卵しないという状況は。
エビにも勢力圏があったりしてw単なる偶然な気もするけど。

現時点で1匹の抱卵確認。奥に隠れるので写真は撮れず。
体色が濃いから卵は確認出来ないんですよね...はみ出てたりすれば別だけど。
今回のも何気なく水槽覗いた時に、ふと気になった個体をジーっと見たら仰向けになったときに卵が確認できただけ。
こういう勘も意外と馬鹿に出来ない。

今回の試みがどう転ぶかは無事に孵化すれば数ヵ月後に判明します。
レッドファイヤーの稚エビも始めは赤みが薄いようで大人になったときに真っ赤になるようです。

というわけでレッドファイヤーに♂がいないならレッドチェリーの♂入れてみたらどうだろう?という話。
まだレッドチェリーなら探せば♂も見つかるしね。
[PR]
by small_aquaworld | 2011-04-06 00:19 | エビ