ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

新入り

数日前に引き戸で指を挟んじゃったのですが未だに痛いです。
2日位は面白いくらい膨れてたけど現在では腫れが引きました。でも内出血がすごい(苦笑
が、こうやってタイピングで指を使うたびに地味に痛い。なら記事書くなよって話ですがw

ま、それはどうでもよくて前の記事で話題に出した新しく入手した水草についてです。

ミクロソリウム トライデント(アクアフルール)
d0209934_22111433.jpg
d0209934_22112244.jpg
d0209934_22112813.jpg

文字通り三つ又になるミクロソです。
安く入手できて喜んでたのも前の話。よく見たら三又の形状も不規則なようです。
以前よりごく少数流通してた高価なトライデントリーフの方はこれが規則正しく出現するかも?ということです。やっぱり値段相応ってことなのかなぁ。
これに関してはグラッシーさんの検証を楽しみに待っておきます。
そのうち高い方はミクロソリウム トライデントリーフ(リアル)とかって呼ばれることになりそう(^_^;

Bucepharandra sp Capek-Black
AZ便。他にもあったけど今回はこの水草をチョイスしました。
カペックというのが現地語で疲れたと言う意味らしいです。採集が大変だったんですね~
d0209934_2228687.jpg
d0209934_22281350.jpg

左がM株、右がL株。
買ったテグス太すぎた...
今回は情報戦で後れを取ったので、るーつでL買おうと思ったら既に売約済み。仕方ないのでMを予約、その後別のショップでLを入手。
実物見る前に購入したのですが後悔することはなかったです。
このカペックブラック、かなり色が濃いのが特徴的。葉にウェーブは入らず、のっぺりしてます。
クアラクアヤンの葉っぱの色が濃いver.といった雰囲気です。
d0209934_22365123.jpg
d0209934_22365883.jpg
d0209934_2237355.jpg

水上だと色が濃いのは珍しくも無いので水中で確認するとこんな感じ。
色ですがやはりかなり濃いです。
うちだとクダガンに次ぐくらいかな。右奥に写ってるのがムラウィ。うちだとそれより濃い。
ちなみに奥のがトライデント。
現地葉なので仕方ないですがちょっと傷みが目立ちます。あとこの度はコケのオマケが付いてなかったな、残念。もしかしたらコケ付きの株もあるのかも。
人によっては重要かもしれないポイント、しっかりラメも入ってますよw
これ、水上葉のように感じるのでもしかしたら様子は変化してくるかもしれないです。
クアラクアヤンシリーズみたく、ここの産地も次回の採集は無いっぽいことを言われてるので気になった人は今のうちに入手した方がよさそうですね。

写真はないですがクリプト・フラミンゴも入手しました。
ピンク色のクリプトってのも衝撃ですよねぇ。比較的新しい種ながら一番有名なんじゃないかな?覚えやすいし。
水中に植えたけど、一種の洗礼ともいえる溶けは今のところありません。
このままピンクを維持してくれれば面白いだろうけどなぁ




オークションって珍しいものや良いものを安く手に入れる場と僕は考えているのですが中にはそうではない場合も。
今で言えばブセファランドラ。大株が盛り上がるのは分かるのですがゴミみたいな超極小の株が意外と高値で落札されてることも多々見受けられます。
そんな株よりもう少し出して店の株を買った方が後々お得だと思うのですが...
そういう株を入手した経験者として語るなら。
タイムリーなのだとパールグレイがすごいことなってます。
あの値段で考えたらうちの株は一体何万円になるでしょ?(笑
パールグレイについては現在入手が困難なので持ってない人には致し方ない面もあるのでしょうか。
アクアプランツが発売される前に既に品切れしてましたしね(苦笑
まぁ僕の場合はしっかりした大株にしたいので売りに出すことは無いでしょうね。
買い足すことはあるかもしれないけどw
[PR]
by small_aquaworld | 2011-05-05 22:55 | 陰生水草