人気ブログランキング |
ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

今日のスイレン

d0209934_20593756.jpg

バーニス・アイキンスが2輪咲き。
d0209934_20595953.jpg
d0209934_210695.jpg

次の蕾の開花にはあと2,3日掛かりそう。残念ながら3輪咲きは実現できなそう。
ブラック・プリンセス
d0209934_2103348.jpg
d0209934_2104052.jpg

バーニス・アイキンスの花粉を使って交配してみました。結実の可能性は低そうです。
d0209934_2125277.jpg

ホワイト1000ぺタルスはまだ咲かないようです。
d0209934_2133340.jpg
d0209934_2134245.jpg

やっと拝めたマンカラ・ウボン2番花
やはり黄色が強いかな?梅雨明けてからオレンジっぽくなるんでしょうか。
頑張って水面から顔出してますw
d0209934_2184812.jpg

ハナガガブタは雨に打たれて倒れてたり。
d0209934_21114925.jpg
d0209934_21115658.jpg
d0209934_2112195.jpg

アポノゲトン・クリスプスレッド
真っ赤な水中葉が展開してきました。やはり来た当初のは水上葉でした。
水中葉はもっとコンパクトに収まってくれそうな雰囲気。
赤というか、紫で他に無い色合い。
これから暑くなるし、やはり開花に持っていくのは難しいかも。
一緒に入れてるお仲間のミズサンザシ(アポノゲトン・ディスタキウス)は暑さで溶ける葉っぱ多数。
おそらく暑さには弱く、寒さに強いのだろう。
このまま屋外で育ててどうなるだろう?
d0209934_21213521.jpg

こんな写真を見つけたのでついでに。
ミズメイガに食害された様子。これは比較的ダメージの軽いもの。
酷いときには葉っぱは残らず、茎だけになります....
そして辺りには葉っぱの残骸が散乱。その残骸の中で葉と葉の間に包まり、蓑虫のようにいるのが幼虫。日中はその中で過ごし、日が落ちてから活動をはじめ、葉っぱを食い漁ります。
そんな習性なので、天敵であるヤゴといった水生肉食昆虫には見つかりにくそう。
それっぽいものを除いてもまだ潜んでる可能性があり不安。
そんなときにはオルトランを投入しましょう。これで数日で駆除できるようです。
試したところ、ヤゴも一緒に☆になってました。メダカは一応他へ避難させるのが無難。
そのままでも問題は無さそうです。その容器で孵化した稚魚が元気に泳いでましたw

一般にはあまり出会うことは無いみたいなんですが、うちでは毎年いらっしゃいますので(^_^;
by small_aquaworld | 2011-06-11 22:11 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)