ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

ちょっと前のスイレン

最近は写真撮ってないので先週くらいに撮ったスイレン。
この日は温帯種が頑張ってました。
d0209934_20563630.jpg

色が飛んで何やら分からないですが全て違う品種w
バーニス・アイキンスの赤は目立つかな
ギガンティア アルバート・デ・レスタング
d0209934_20585633.jpg

d0209934_20592582.jpg

一枚目にも写ってますが白G、思ったより良く咲きます。これは5番花。現在6番目が開花中。
ギガンティアの中でも最も丈夫で初心者向けというのも納得。
さしたる問題も無くここまで栽培できてます。
来年は必ずディープブルーを。販売あれば...
d0209934_2134358.jpg

温帯実生種その①
d0209934_2135232.jpg
d0209934_2135945.jpg

オリジナルのこちら。やはりサイアム・ニンフ似。
ただし花上がりで劣るのでどうかな~?といったところ。
オスタラ
d0209934_2173363.jpg

初開花。不完全開花ですねー
後日別の蕾が綺麗に開花してました。
5株くらいあるのでちょっと頑張って頂きたい。
たぶんピンク・フラミンゴだったと思う。
d0209934_219493.jpg

グレッグズ・オレンジ・ビューティ
d0209934_2195545.jpg

ドクター・G・カッシーナ
d0209934_21104936.jpg

d0209934_21111631.jpg

脱皮する場所としてはミスチョイスかと。
花弁が段々と開いて大変だったろなーw
d0209934_21125159.jpg

今年は温帯種は割と調子良く開花してるんですがやはり熱帯種の元気の無さが目立ちます。
植え付け時期が7月、8月と遅いのも一因でしょうが、詰め込みすぎもあったかな。
生存競争に負けてホット・ピンクとリナ・アルマコッレがヤバい。
ビニールプールが大きいからって限度があるってことですね....
そんなわけで急遽プランターを増設していってます。
スイレンシーズンも気付けば終盤。今更な気もするんですが(苦笑

そんな中でもムカつくくらい元気なのが
ミズメイガ、トラフユスリカ、オンブバッタ、ショウリョウバッタ、イナゴ、アブラムシの害虫軍団。
アブラムシは被害も可愛いもんなので別にいいんですが何か今年はイナゴまで来てるし(T△T)
こいつらいなけりゃスイレン栽培も楽なんだけど。
[PR]
by small_aquaworld | 2012-09-09 21:46 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)