ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

新ジュエル① Anoectochilus geniculatus

まだ生きてるうちにらん展で入手したジュエルオーキッドを1種ずつ紹介していこうと思います。
輸入株だととりあえず3か月問題なく生育していればひとまず安心できますね、僕は。
見た目には判らなくても実はヘロヘロの株だと育てだしてから徐々に衰弱→1,2か月後に枯死。
なんてこともあったりして運悪くそんな株を入手したりすると
「ジュエルオーキッドは難しい....」という印象を持ってしまいかねないです。
本来ジュエルは丈夫な植物です。昨年末やらかして大半の株を失ってる自分が言えることでもない気がしますがまぁ栽培の問題でもないし(^_^;

そんな理由から「ジュエルオーキッド入荷しました!」なんて株を購入するのはちょっと躊躇してしまいます。
「おいおい、輸入直後の状態もわからない株販売するのかよ」って心情。
先に言ったように輸入店では綺麗に見えても、うちに迎えてから被害が炸裂なんて時限爆弾みたいなことに。
それが判ってても買っちゃうんだけどw



第1弾はAnoectochilus geniculatus(アネクトキルス・ゲニクラツス)
入手時の名前で紹介していくので実際には違うかもしれません。
1.
d0209934_12163282.jpg
d0209934_12163855.jpg
d0209934_1216441.jpg

葉の光沢もいい
d0209934_1217265.jpg

咲く可能性は低いでしょう(山採りの段階でぶったぎってるはずなので)
2.
d0209934_12201132.jpg
d0209934_12201820.jpg
d0209934_12202482.jpg

さっきの株が真っ赤な葉脈に対し、こちらはどちらかというと朱色の葉脈。
どちらも高いポテンシャルを感じさせる株です。

まずは生存させるのが目標。
by small_aquaworld | 2013-03-02 12:27 | ジュエルオーキッド