人気ブログランキング |
ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

印象に残った温帯スイレン 2012

最近暖かくなってきましたね。むしろ暑いくらいの陽気。
もう少ししたら温帯スイレンの植え替えの時期がやってきます。
早い人はもう取り掛かってますがうちでは下旬くらいからしようかと思ってます。

そこで今さらですが去年初めて育てて印象に残ったスイレン(温帯種)を紹介しようと思います。

N.Tanpong(タンポン)
d0209934_1253171.jpg
d0209934_12532183.jpg

周りが見苦しい写真ですが...(^_^;
陽に照らされた花は格別綺麗です。片親のマダム・ウィルフロン・ゴンネールのグラデーションをもっとはっきりした感じでしょうか。
前情報では性質が弱いとのことでしたが、精一杯良い環境に置いたことが影響したのかシーズン中不調になることはありませんでした。
一時花が途切れましたがその後また続々開花で結局2,30くらい咲いてくれました。
奇形葉が出たり、弱い面があるのは確かですが、花上がり自体はかなり良い部類です。
ホント名前が残念なだけでww
結構増えてくれたようなので今年は色々と楽しめそうです^^

N.Wanvisa(ワンビサ)
d0209934_13385169.jpg
d0209934_13385698.jpg

斑入りの花ってのは斬新。たとえ斑がなくてもこの濃いオレンジピンクの花色はインパクト大ですね。
この色は意外と他に無いのでは?
メキシカーナらしく高温大好きで、咲き始めは色が薄いです。
8月入って黒姫が焦げだす、猛暑といえるくらいの時分が一番綺麗な色。
出始めの頃は¥50000-とかしましたが成長速度は凄まじくアホみたいに増えるので今では結構普及してますね。
なんせ3cmくらいのイモが2か月くらいで開花するくらいw普通そのサイズだと開花は翌年です。
花色が安定しておらず、一部或いは全部が黄色の変わり咲きをするのも面白いところ。

N.Blushing Bride(ブラッシング・ブライド)
d0209934_13594243.jpg
d0209934_13594732.jpg

これぞ温帯種の魅力を体現した品種といっても過言ではないんではないでしょうか。
熱帯種には無い柔らかな感じがとても魅力的。
ご覧のとおり、非常に花弁の多い八重咲きながら花形も綺麗に整っています。
開花も十分に2ケタ開花するので悪くはありません。
花のサイズも割と大き目ですね。


とりあえず去年育てた中だとこの3つは外せませんでした。
個人的に好きな温帯種でも上位に入るかな。
好きな温帯種1位はやっぱりブラック・プリンセス。
d0209934_1413308.jpg

黒姫様を超えるインパクトの温帯種は無いです。

温帯種は粗方揃えた感じなんであと絶対に欲しいというのはサイアム・ブルー・ハーディーだけ。
兄弟株のサイアム・ピンクもちょっと気になるけど入手は難しそうです。


大変だけどとっても楽しみなスイレンのシーズンもすぐそこに
by small_aquaworld | 2013-03-10 14:20 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)