ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

Abutilon menziesii

Abutilon menziesii(アブチロン・メンジーシー)
d0209934_206769.jpg
d0209934_205337.jpg

アブチロン原種の1つでハワイ固有種。

葉っぱはやけに丸っこく、一般的なアブチロンとは異なった形状をしている。
葉色も真緑でなく若干白っぽく、表現しにくいがクリームがかった緑色といった色。単に今の時期だけなのかもしれないが。
花の形も変わっており、立ち性品種よりもウキツリボクのようなつる性アブチロンに近い。
ワインレッドのような黒みがかった赤というのもなかなか珍しい。
現状3,4回咲いたのみ。もしかしたら花上がりは園芸種ほど良くはないのかもしれない。
自生地では絶滅が危惧されているらしいが、栽培自体は非常に容易で旺盛な成長を見せる。
自家受粉と考えられるが結実を確認。原種だからか、種子は得やすいようだ。


Abutilon indicum(アブチロン・インディクム)

d0209934_20244940.jpg
d0209934_20244181.jpg

後で気づいたことだが、このインディクムはどうやらグランディフローラムのシノニムらしい。
Abutilon indicum=Abutilon grandiflorum
グランディフローラムとして購入した種子は播種後、2,3日後にはほぼ全粒発芽し、非常に旺盛な成長を見せた。
他の園芸品種のアブチロン種子は、何も手を加えずに蒔いた場合、発芽まで早くとも2週間程度は掛かる。
何度か開花を確認したがおそらく一日花。
アブチロンというにはシンプルで小さな黄色の花をフラットに咲かせる。
開花後は高確率で結実することからも本種の異常な繁殖力を察することができる。
実物を見たことが無かったので試しに栽培してみたのだが―
性質もまさしくだが、花も雑草かのようなあまりの地味さに栽培は中止。
現在は手元に無いがあえて栽培するようなものでもないかな?
原種で綺麗な花ってのは貴重なのかもしれませんね。




富士花鳥園で販売されている同園のオリジナルアブチロンが育ててみたいのですが静岡はちょい遠い。
「通販無いの?」と聞いたら、やってない。とすげなく断られたので直接来園して購入するしかないようです。
フクシアは通販してるんだからアブチロンもやってくれてもいいのになぁ~
[PR]
by small_aquaworld | 2013-09-06 21:29 | アブチロン