ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

テレビでやってた

TVで食虫植物の特集をやってました
食虫の中でもメジャーなハエトリソウやネペン、ドロセラなんかを紹介してた
個別紹介は無かったけどさりげなくヘリアンフォラの写真が出てた(パッと見だからサラセニアだったかも)
最近ちょっと関心が出てきて調べてみたりするんですけど、
食虫植物といってもかなり種類があるんですね
水陸両用だったり、完全に水中のみが生息圏のものもあるし

今回はそんな食虫植物でもちょっと珍しいものを紹介
Cephalotus follicularis(セファロタス・フォリキュラリス)
d0209934_21242438.jpg

セファロタス・フォリキュラリスと読むらしい
日本だと学名は英語読みで定着してる場合が多いですね
オーストラリア固有種で一属一種ですが、サイズや色でいくつかあるようです。これはノーマルタイプ
現地では崖とか斜面にびっしり生えててちょっと異様な光景(^_^;
d0209934_21254100.jpg
d0209934_21251537.jpg
d0209934_21252366.jpg

この捕虫葉を見れば分かりますがポットン式というか落とし穴式の捕虫方法です
ネペンテスやサラセニアと同じタイプですね
形状はネペンテスによく似てる
たぶん中には消化液があるんだと思います(小さいので見れない)
セファロタスは葉っぱだけを地上に展開するので不思議な感じがします
d0209934_21335339.jpg
d0209934_21334596.jpg
d0209934_21333856.jpg

ミニサイズの捕虫葉も多数控えてるのでこれらも育てば見応えがありそうだけど成長は遅いとか(^_^;
上手く育てるとアダルトサイズの捕虫葉ももっと大きくなるようです
ドラクエにこういうモンスターいましたよね(笑

葉っぱには捕虫葉のほか、さじ状の葉っぱの2タイプあり、どっちの葉でも葉挿しすれば増やせるらしいです
とはいえ観賞価値の高い捕虫葉をあえて葉挿しに使う理由は見当たらないので
葉挿しの際にはさじ状の葉を使うことになるでしょう

このセファロタスがホムセンに無いかな~?と探してみたんですがなかなか見つからなくって...
この株、結構高かったのでもしホムセンにあれば飛びつくんですがねw
まだ育て始めたばかりで手探り状態なんですが、
どうも気難しい植物らしいのでなんとか維持できればいいんだけど
実のところハエトリソウはあまり好みでなくて
このセファロタスは見た目もコンパクトに管理できる点もツボなんでたくさん増やしたいところなんだけども

とりあえず自分なりに管理してみようと思います←初心者が失敗するパターンな気もするなぁ(苦笑
[PR]
by small_aquaworld | 2014-05-21 21:52 | 食虫植物