ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

Drosera oblanceolata

Drosera oblanceolata(ドロセラ・オブランケオラタ)
d0209934_2055023.jpg
d0209934_20545694.jpg
d0209934_20545250.jpg

ドロセラとは所謂モウセンゴケの仲間
淡い桃色の5弁花でした
草体サイズがそもそも小さいので花も小さいわけですが花自体は結構綺麗でした
割と好みかも
種を飛ばして至る所にアホみたく増えるスミレなんかよりずっといいです
育て始めて知ったのですがドロセラの花は一日花なんですね
花は数時間開花して寿命を終えます
でもちょこちょこ咲いてるので意外と開花数はあるかもしれない
d0209934_2143195.jpg
d0209934_2142524.jpg
d0209934_2142098.jpg

付いてる丸い粒は水ではなく、粘液
屋外に出してから明らかに粘液がたくさん分泌されるようになりました
まだまだ綺麗になるようですが既に満足してたりします
因みにこの粘液、甘いらしいです(もちろん未確認w)

オーストラリアが原産だったりで明るい場所が大好きなようですが
どうやら真夏の日本でそのまま日向で栽培とはいかないようです
原因は日照ではなく、温度らしい
最近の日本の夏は殺人的な暑さですからね....
梅雨明けまでに遮光とか考えた方がよさそうです




食虫つながりでセファロタス
隣に置いてるんですが何か調子が悪そう。ついでに右のカペンシスも
なぜかと不思議に思ってたんですがどうやらナメクジの仕業らしい。。。
屋外栽培ゆえに起きた悲劇ですね
ミズゴケ植えのセファロタス、用土の中はヤツラがいっぱい
ナメクジの卵なんか初めて見たわ
見た目は消臭ビーズですなww
対策は色々あるだろうけど根絶は不可能だなぁ
なんとかうまく付き合っていくしかないね
とりあえず用土にミズゴケが使えないことは確かだ
[PR]
by small_aquaworld | 2014-07-01 19:10 | 食虫植物