ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

カテゴリ:スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)( 158 )

気付けばダーシーとか販売され始めてる
一番気になってる品種がまだ準備中なんだけどリリースまだかな?
できるなら送料払いたくないw


きょうのスイレンは―

なんとサイアム・パープル1に花芽を見つけました!
d0209934_11273654.jpg

早ければ明日にも咲きそうです
株は大きく育ってるのに全然花芽が無いなぁと思ってたけどいつの間にかあったんだね
ちなみにサイアム・ピンクやピンク・チップスは成長まだまだ

ブア・ラピー
d0209934_1133567.jpg

大型種なのは間違いないけど結構適応力あります
狭くても結構咲きますね

ペリーズ・ベイビー・レッド
d0209934_1135437.jpg

まだ焦げてない^^

ジョーイ・トモシック
d0209934_11355722.jpg


スノー・プリンセス
d0209934_1136196.jpg

頂きものの姫スイレン
ヘルボラみたいに茂らないのが嬉しい

ピーチーズ&クリーム
d0209934_11391041.jpg
d0209934_11385221.jpg

本物のほう
綺麗ですね

タイ・ピーチクリーム
d0209934_11375262.jpg

ニセモノのほう(笑
これはこれで綺麗

ハワイアン・ゴールド
d0209934_11381279.jpg


ピンク・サンライズ
d0209934_11402276.jpg

次に期待

ブラック・プリンセス
d0209934_11412069.jpg
d0209934_11411534.jpg

今年初コゲ(苦笑

マリアセア・カルネア
d0209934_1142259.jpg


マリアセア・クロマティラ
d0209934_114361.jpg

d0209934_11434941.jpg

d0209934_1142593.jpg

とにかく茂ります
これでも多少はトリミングしたんですが...大胆なトリミングが必要なよう

ワンビサ
d0209934_11455781.jpg

初期にしては濃い目の色で咲きました


そして熱帯種のほうでは
スカーレット・フレイム
d0209934_11471081.jpg
d0209934_1147292.jpg

だいぶそれっぽい花になってます
d0209934_11474455.jpg

休眠明けで開花一番乗りはサンシャインになりそう
ちょっと意外だったんだけど寒さに強いのかな?

スイレン以外では
ガガブタが咲き始めました
d0209934_11494123.jpg


d0209934_11512792.jpg
d0209934_1151228.jpg

ヤゴの抜け殻も増えてきたなと思いきや、まさに脱皮中のものが
これはイトトンボ系ですね
他にもシオカラとかのヤゴ、ヤンマ系と各種揃ってますww

ポンテデリア・コルダータ
d0209934_1154553.jpg
d0209934_11544879.jpg

サブの株の方が一足早く咲き始めました


温帯種の調子が悪いなぁと思ってたんですが
根本的なところで水深が浅すぎるのが原因なことに思い当たりました
水深5cmくらいは当たり前、ヤバいときは3㎝切ってる感じです
来シーズンには植えつけ容器を替えたいと思います
マニー・レッドとか花芽以前に葉っぱが少ししか無いんだもん、ヤバいよね(^_^;



所有するスイレンのリストを更新してみました。
温帯種は結構数を絞ったつもりが色々貰ったりで結局数変わってなかったり、
熱帯種は越冬に失敗して大幅に減ってます。
現在発芽が確認できてないものはロストしたものとして扱ってますが
特にアネクフィア種の越冬が大失敗で全て越冬できませんでした。
屋外放置で越冬できると踏んだけども、室内に取り込む必要がありそうです。
ひとまずヤスヒロと青Gは入手したけど、まだ甕が空いてます。
日照も深さも難があるから、ここは育てやすい白Gでしょうか
[PR]
by small_aquaworld | 2014-06-15 12:05 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
マニー・サイアム
d0209934_2061393.jpg
d0209934_206735.jpg


ハワイアン・ゴールド
d0209934_2065688.jpg


ブア・ラピー
d0209934_2073833.jpg
d0209934_2073318.jpg
d0209934_2072650.jpg

やはりサイズは大きめ

マリアセア・カルネア
d0209934_208775.jpg


マリアセア・クロマティラ
d0209934_2082587.jpg

葉っぱが凄まじく茂るんですね...

タンポン
d0209934_209268.jpg
d0209934_2085567.jpg

いくつか花芽が腐ったので久しぶりの開花

ヒドゥン・バイオレット
d0209934_2094364.jpg

この花も綺麗に咲かなかったなぁ(^_^;

ブラック・プリンセス
d0209934_20164252.jpg
d0209934_20163650.jpg
d0209934_20162760.jpg
d0209934_20162064.jpg

いつ見ても素晴らしい花ですね
温帯種の最高傑作と言っても過言じゃないと思います
去年も交配に使ったりしたんだけど結実できずで、不稔性なのかな?

スカーレット・フレイム
d0209934_20192415.jpg

こりゃマイアミ・ローズだな(笑
今後の花に期待します

d0209934_20201564.jpg

熱帯種の成長が早いものは浮葉を展開し始めました
ピンク・フラミンゴに至っては花芽出してたけど
まだまだこれからですね

未だ目覚めないものも多いですが
これらは期待薄かな.....
バルブが固いからどうしても捨てられない(苦笑
[PR]
by small_aquaworld | 2014-06-08 20:27 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
やっと花が見れるようになりました

ブア・ラピー
d0209934_19553725.jpg
d0209934_19553292.jpg

サイアム・ニンフみたいな花をイメージしてたけどこんな花でした
狭い場所でも割と大輪な感じ

タイ・ピーチクリーム
d0209934_19581269.jpg
d0209934_1958877.jpg

とりあえず2輪
本物の方はまだ花芽見えず

ヒドゥン・バイオレット
d0209934_19592187.jpg

ご厚意から頂いた株
かなり奇天烈な花
カクタス・ピンクもそうですが、こういう変わり花はサイズが小さいのがセオリーなんでしょうか

ハワイアン・ゴールド
d0209934_201551.jpg

シワもなく綺麗な花を咲かせてくれました


今年の温帯種は全般スロースターター
花芽が見当たらない株も結構あるようだ
サイアム・パープル1も花芽が見当たらない....
結構成長してるんだけど、やはり花上がりが悪いってことでしょうか
これから調子が上がってくれることを期待
[PR]
by small_aquaworld | 2014-06-01 20:10 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
予約してたアレがとうとう来ました
今回は1週間余分に焦らされたので待ちかねてました
d0209934_20172826.jpg

個別紹介は開花したときにするとして。

今回の目玉はこれ!
d0209934_20201790.jpg

d0209934_20204258.jpg

やはりサイアム・パープル1でしょう
趣味家にとっても夢だった青い花を咲かせる温帯性スイレン。厳密にはISGですけど。
葉っぱには斑が入ったりはしないようですね
あまり花上がりは良くないようですが果たして今季どれだけ咲いてくれるでしょうか?
サイアム・ピンクが3,40個咲いたんだから10個はいってほしい
花を見るのがとても楽しみ^^

話は変わるけどなんかパープル2、ピンク2も近いうちに販売しそうな雰囲気。もしや来年あるかも??
どっちも2番の方が育てやすいとかって話ですがどうなんだろ

ブルーギガンティア
d0209934_20323364.jpg

しばらくは室内で保護でしょうか。
勢いで買ったけど、実は栽培容器が無い

ミズサンザシ
d0209934_20362415.jpg

今の時期の水場では唯一の貴重な花
植え替えたいけどまずは温帯種の植え替えからだな~
今日でだいぶ温帯種の掘り上げが進んだ。残りは10鉢ちょっとくらい。
温帯種はしんどいね....やはり鉢数を減らさなくては
整理しないと温帯種が40種もあるしww
温帯種の実生は全て破棄。面白い花なんて出ないからね~
温帯種はこれ以上増やさないようにしよう
熱帯種はまだ増えるだろうけど(笑
[PR]
by small_aquaworld | 2014-04-12 20:43 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
数日前から開花してるようです
今季初開花となる温帯種の花
d0209934_13594466.jpg
d0209934_13593848.jpg

まさか桜と同時期に咲くとは思わなかったなww
品種はタンポン

あまりに早すぎる開花だったので品種本来の花ではないですが
今の時期の花芽は腐ることもよくあるので咲いただけでも十分すごい

超フライング気味のスイレン初開花となりましたが
本来の開花は5月に入ってからとなります。
まだ温帯種の植え替えができてないので
開花の始まりは5月下旬くらいからになればいいかな?

今日はなんか寒いし雨降りなんで植え替えはまた今度w
[PR]
by small_aquaworld | 2014-04-05 14:18 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
久しぶりに庭の温帯スイレンを観察してみると―
d0209934_15452845.jpg

花芽発見!!
毎日横を通ってるのに全然気づかなかった。観察って大事
因みに品種はタンポン
もともと丸くて大き目な花芽を上げる品種なので今回のも結構大きいです
まだ水中葉なのにずいぶんと気が早い
この品種って動きが早かったのかな?
性質がアトラクション似なのでそうなのかも
コケが凄くて状態がよく分からない株多数なので他にも花芽が出た品種もあるかもね
去年だったか、マンカラ・ウボンがやはりこのくらいの時期に花芽があったような
高温期に調子の上がるメキシカーナ系品種のくせに(笑

まぁそれだけ暖かくなってきたってことなんでしょうね
d0209934_15591489.jpg
d0209934_15593036.jpg
d0209934_15592413.jpg

冬には底でじっとしてたメダカたちも水面を悠々と^^
痩せた個体は見当たらず、結構ふっくらしてて元気そうでした
今年初めてのエサをやったら勢いよく食べていたのでそろそろエサも再開してよさそう
結局忙しさであまり繁殖はできなかったことで図らずもゆったりと飼育できたので順調に越冬できた模様w
いつかは数百匹くらい泳がせたいものだ
ざーっと見たところ、口先まで光の乗った鉄仮面幹之は少なかった
頑張って繁殖で増やすか、オクで卵を買うか、ホンポでSサイズのチビを買うか。どうしようかな....

スイレン・花ハス用土を練るための土も届きました
d0209934_1691399.jpg

去年は用土を熟成させることができなかったので
古土に荒木田土などを混ぜて誤魔化しながら使います(^_^;
届いたバーク堆肥が思ったよりも容量少なく感じたのでちょっと足りないような気がしたりして。
園芸用の用土も購入したためにかなりの量になってしまった
しっかし荒木田土は詰まってるから重いですね~
[PR]
by small_aquaworld | 2014-03-21 16:35 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
昨年採種した熱帯種の種子。
それぞれ発芽実験してみたのですがこのような結果になりました

今回実験したのは、
ヒラリー、オーバージョイド、リン・エレン、ビミニ・ツイストの4種のスイレンの種子。
d0209934_19485170.jpg

1か月ほどこのまま放置してたんですが問題なく生きてます(笑
発芽には酸素とか要らないのかな

d0209934_19504656.jpg

ビミニ・ツイストはさすがの発芽率。
発芽自体もずば抜けて早く、成長も順調で早かった。
自家受粉もよくする品種なのでこの実生の性質も強健なんだろうと想像できます。
この種子についても一応交配はしてるのですが自家受粉の可能性が高そうです(苦笑

d0209934_19551189.jpg

オーバージョイドも発芽。
以前には幼葉も見えていたのですが溶けてしまったようです。。。。
それなりに発芽していたようで成長速度もまずまず。
そこそこ育てやすそうな種子っぽい。
おそらく他の品種と掛かってると思いますが何との種子かは不明。
タンザナイトや紫式部、ビミニ・ツイストあたりをよく使ってましたが。

リン・エレンも発芽したけど成長も遅い様子。
こういうのって育てても開花までかなりの時間が掛かりそう。

そしてムカゴ種のヒラリーは発芽せず。
そもそもムカゴ種自体多くの品種が不稔性なわけで、偶然得られた今回の種子も発芽能力は無いんでしょう。
やはりムカゴ種のスイレンを育種する場合はミクランサのような原種かそれに近いものを使わないと難しそうです。
とはいえ、本物のミクランサを入手するのが非常に困難なのですけど。
なんちゃってミクランサならアクアショップでカンタンに手に入りますがねww
こうなると逆に交配に使えるムカゴ種って何があるのか気になります。

d0209934_2092219.jpg

ビミニ・ツイストの発芽種子で成長の良かったいくつかは試しに水草水槽に入れてみました。
植えずにニューラージパールグラスの葉っぱに引っ掛ける感じで置いてみた。
無理に植えようとすると、頼りなく付いている種子が株から千切れて取れたり、根っこも千切れます。
この時期のスイレンは非常に弱いので雑に扱うとすぐに枯れます。
この水草水槽の株もたぶん枯れるでしょうがせっかく発芽してくれたので一応見守ってみます。

今回のことで発芽する種子もわかったのでまた暖かくなったら種子を発芽させてみるのもよさそうです。
温帯種の種子は結構丈夫なのですが熱帯種の種子は割とデリケートで真夏に発芽させると暑さで消滅したりもするんですよね~
やるとなると気合を入れて育てないとうまくいかないのですが実生栽培は苦手です。
水切れで枯死が無い分、楽な気もするのですが代わりにコケがあるしな~
[PR]
by small_aquaworld | 2014-03-16 20:34 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
室内に取り込んだ熱帯性スイレンのバルブ。
どうなっているのか確認してみました
今年の越冬は「フェルト式」と呼ばれる方法を試しています。
d0209934_19555782.jpg

去年よりも数がかなり増えてる気が。。。

まずは先月中旬ごろ取り込んだ株から。

オスタラ
d0209934_2011433.jpg

左のバルブは古いものなので、今年は使えないかもですが右の新生バルブが元気な様子。
d0209934_20194.jpg

ちょこっと新芽が出始め
このオスタラは休眠が非常にスムーズだったのでバルブの状態も綺麗。
他にもあるけど良く増えるのでどれも複数株を1まとめでフェルトにくるんでます。

ブリンク
d0209934_2064486.jpg

これもよく増えるのでまとめてIN。
既に新芽が複数確認できます。
ムカゴ種だけどすんなり休眠してくれた。
繁殖力も強く、屋外越冬できたりするので非常に扱いやすい。

先週取り込んだ株から。

タンザナイト
d0209934_20103031.jpg

なかなか休眠が完了しなくてヤキモキさせられたものの1つですが
(休眠途中かもだけど)さすがにそろそろヤバそうだったので強引に取り込み。
現在の状態はというと、とりあえずカビの発生が認められなかったのでヨシとしようw

やはり早めに動かないとなかなか休眠にも入ってくれないようですね。
10月ぐらいから準備を始めた方がいいのかな?
こうやって色んなバルブを見てると思うのがバルブサイズも色々ということ。
上のオスタラなんかは沢山子を吹く関係か、小粒サイズで扱いやすいのですが
ドクター・G・カッシーナなんかは凄まじい大きさのバルブでタンザナイトの1.5倍くらい(苦笑
あまり大きいバルブは死にやすいと聞くのでちょっと不安。


3月に入り、今年もそろそろシーズンインといった頃合いになりました。
温帯種の方はまだ手を付けるつもりはありませんが
ハスはそろそろ植え付けしておきたいとは思ってます。
遅くなると新芽が伸びてきて植え付けの時にポキポキ折れるのがとにかく鬱陶しい(笑
[PR]
by small_aquaworld | 2014-03-02 20:28 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
特にお気に入りでロストしたくないスイレンについては加温越冬での栽培にしています。

とりあえず言えることはトロピック・サンセットが凄い
d0209934_22573987.jpg

一体芽が何個あるのだろうか...茂りすぎて周りの株に光が当たらない(^_^;
タイニムファみたいな綺麗な水中葉

加温栽培を始めてそろそろ3週間ほど。
21株を栽培して未だ目覚めないのが4株―
d0209934_2324711.jpg

ビミニ・ツイストはともかくゾルフォ・スターがおねむなのが非常に困る
カンジャナテップも最近目を覚ましたのでまだ可能性はあると思うけど。
d0209934_2345418.jpg

とりあえずトロピック・サンセットの葉は整理しないとダメな気がする
[PR]
by small_aquaworld | 2014-01-19 00:29 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
気付けばもう年の瀬ですね~
さっきまで熱帯スイレンの取り込み作業をしてましたが寒いというより手が痛い(^_^;
ひとまずロストできない貴重な種だけは室内への取り込み完了しました。
今くらいの時期になると多くは休眠に入って用土も柔らかいのでバルブを取り出すのも簡単なのですが
ムカゴ種でもないのに一部頑固に起きてる品種がありました....
今日取り込んだ株については加温越冬で、これから取り込むものはバルブだけの状態で越冬させます。
まだまだ沢山の株が外にあるので年末年始は大変だ~

そして今年最後になるであろう話題はこちら。
この記事だけは今年中に投稿したかった(笑
今季新たに育て始めたスイレンの中で特に印象に残ったものをいくつか紹介したいと思います。

まずは温帯種から

サイアム・ピンク
d0209934_1164087.jpg
d0209934_1163390.jpg

厳密には温帯種ではないですね(^_^;
熱帯種の血により今までの温帯種にはない蛍光カラーのピンクというのがとても新鮮。
まだ気温の低い時期の成長にはやきもきさせられますが暑くなってくると怒涛の勢いで成長します。
そこらへんも熱帯種らしさを汲んでるんでしょう、開花自体も凄まじく多輪咲きも当たり前の熱帯種並み。
根詰まりしただとか物理的要因が無い限り、ほぼ途切れることなく咲き続けます。
d0209934_1261945.jpg

タイミングが合えば5,6輪咲きも
今回育ててみて気難しい印象は受けませんでした。
当初は気難しく、上級者向けという情報で見送ったものですが分からないものです。

続いて熱帯種

オーバージョイド
d0209934_1333110.jpg

ご厚意より譲って頂いた株。
淡い色彩がステキな品種。
写真はあまり撮ってませんが記憶には残ってます。
増殖力が強いらしいのですがとりあえずロストしなければいいなぁ

カンジャナテップ
d0209934_1381955.jpg

こういう色彩大好きなのでとりあえず入手してみた品種でしたが結果大当たりでした。
グリーン・スモーク系統の中心部が淡く発光するかのような花弁なわけですが
似た色彩のムーン・ビームよりも鮮烈な黄色!
シャープな花弁でシャキっと締まってカッコイイスイレンです。

リン・エレン
d0209934_1442692.jpg
d0209934_1442162.jpg

こちらは逆に丸い花弁が柔らかい印象です。
どうやら葉柄を長く伸ばす性質も持ってるみたいですね。

ゾルフォ・スター
d0209934_1482842.jpg
d0209934_1482277.jpg

今季輸入した株は現状本調子に出来なかったものが多数だったのでイマイチなものばかりでしたが
そんな憂鬱を吹き飛ばしてくれたのが本種。
花も十分以上に咲いて楽しませてくれました^^
絶対にロストしたくない品種の1つですね。
1株は嫁いでいき、現状オンリーワン。越冬の失敗は出来ない状況です。
まずは外のプールから助け出さなくては(苦笑


とまぁこのあたりでしょうか。
花の素晴らしさもさることながら数多く咲いてくれたので印象に残りました。
来年は多忙になるので栽培数は減らさないといけないかもしれませんが
数は減らしても新しい品種の導入はしたいところです。
さて来季にはどんな花に出会えるでしょうか。今から待ち遠しいです。
[PR]
by small_aquaworld | 2013-12-29 19:21 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)