人気ブログランキング |
ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

<   2011年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今日はルドウィジア レペンス ルビンの紹介。
d0209934_0174046.jpg
d0209934_0174962.jpg

上からって光が入って難しいな~
僕の知る有茎でも最も赤みの強い水草の1つになります。
ルビンというだけあって確かに赤い。
d0209934_0195214.jpg
d0209934_020032.jpg

赤の系統としてはワインレッドといった感じ。明るい感じでなくて、若干黒味がかった赤というか。
何よりうれしいのは色が出しやすいこと。種類によっては鉄分をマメに添加だとか、色を出すのが難しい場合があるんですが、これの場合は鉄分はあまり必要なさそう。強光+CO2で十分。

最後に自信の1枚を。
d0209934_0251113.jpg

ピントとかはご容赦(^_^; 水草に注目して下さい。
角度によっては葉脈の赤さが際立ち、素晴らしく美しい...
こうやると雰囲気はALEXぽい。
育成簡単なのもポイント高いですね。

因みに水上葉も綺麗なんです。
元気に育ったものはワインレッドで光沢のある葉っぱ、園芸で言う銅葉といったところか。
実際のところ、こっちの方がインパクトあるかもです(笑
写真は探してないので無いのですが(^_^;


で、今回この話題にしたのには理由があります。
ルドウィジア レペンス スーパーレッドってご存知でしょうか?ルドウィジアsp.スーパーレッドとしての販売が多いみたいですね。
最近登場した水草で、以前にアクアライフの新着で紹介されてから気になってました。
大層な名前ですが、実際にはどうなんだろう?と思ったわけです。
色々と見る限りでは、上のルビンを遥かに凌ぐ赤さ!!というほどでもないような気が...
でもま、コンパクトなのと斜上に成長していくのは使いやすい。
写真見てても分からないから自分で育ててみようと思ってチャームで確認したら
欠 品 中


この前見たときは普通にあったのに...
あっ、僕が見てるのは水上葉の方です。水中葉は高いし、バカらしくって。
おまけにも1つ買うつもりだった水草も欠品中。これも数日前はあったのに(T△T)
なんかことごとくタイミングが合わなくて悔しかったのでこの話題となりました(苦笑
by small_aquaworld | 2011-04-27 00:46 | 有茎草
たまに見てみると色んなキーワードで調べてるんだなーと感じます。
今回はそんな検索ワードを話題に。

1位 ルドウィジアインクリナータvar.ヴェルティキラータ・トルネード
うちじゃうまく育てられてないんですよね~、キューバルド系は相性悪いんです...
せっかく調べてきてくれたのに申し訳ない(^_^;
d0209934_24316.jpg

2位 ロタラ アンナミカ
ロトンジフォリア系なんで育成は簡単です。水上葉の形がちょっと変わってるので水中で育てるよりそっちに興味があります。でも水中葉も普通のロトンジよりやや細葉で綺麗だと思います。
d0209934_27548.jpg

3位 アクア エラチネ 販売
もちろん販売はしてませんww
一時期爆殖していたのですが今はかなり減っちゃってます。暑さに弱いので夏をどう切り抜けるかが問題。水上葉でのストックは不可です。水上化したら戻りません(T△T)
今では色んなショップで販売されてますね。
d0209934_295146.jpg

4位 ペリーズダブルイエロー
今年購入した温帯種。黄色でこれだけ花弁の多い品種はあまり無いようです。
d0209934_2111670.jpg

5位 ハイグロフィラ・ ピンナティフィダ 水上葉
今では順調に育ってます。昨夏は惨敗-株元の水分が重要なんじゃないでしょうか?腰水とかだったら簡単に育ってくれそう。
d0209934_2125234.jpg

6位 ペリーズダブルイエロー  咲かない
うーん、一人なのかか複数人なのか?何度もあるようで。花上がりは普通か比較的良いくらいだと思うのでやっぱり日照ですかね?でも温帯種は僕も去年あまり咲かなかったので(苦笑
絶える間無くポンポン咲く熱帯種と違って少し気難しい印象ですねぇ
d0209934_2182190.jpg

7位 ブセファランドラ チョッパーリーフ
最近登場したAZ便の新ブセです。はっきりとウェーブが見られて魅力的ですね。
これから株が育つにつれてどう変化するのか、要チェック!でしょう^^
d0209934_2201286.jpg

8位 レッドファイアーシュリンプの居る場所
原産地が知りたかったのでしょうか?レッドチェリーの改良種なので自然界には存在しないエビです。
グーグルでもヤフーでもうちが検索のトップに来てました。どっちもロボットエンジンだし似たようなものなのかな?
d0209934_220515.jpg

9位 レッドファイアーシュリンプ オス
問題はオスの入手ですよね。抱卵してしまえばこっちのもの。別に誕生する個体はメスばかりというわけでもないわけで。結局オスは冴えないから流通に乗る前に大半が弾かれてるんでしょうな。
メスのほうが綺麗というのも変わってるよーな?自然界で綺麗なのって大抵オスでしょ。メスにアピールしなくちゃいけないんだから。
d0209934_2244259.jpg

10位 ブセファランドラ 株分けの仕方
アヌビアスなんかと同じです。増えてきたら根茎をカットしてやればオッケー。
責任は持てないけど、早く増やしたいなら細かく刻んでやればいい。切断面それぞれから新芽を得られるから最終的なボリュームではこちらの方が上になる...んだけど、怖くってそんな大胆には出来ません。やっぱりカットはほどほどになってる(^_^;
d0209934_2301592.jpg


まぁこんな感じですが、時期的に段々とビオトープ的な話題がキーワードに入ってきてます。
なんかまだ朝夕寒いんですけど(苦笑
夏場にはTOP10全てがビオ的な言葉のみになってるんだろうなぁと今から思ってます(笑

ちなみに写真はキーワードとは全くの無関係ですよ。適当に貼ったら一部対応してるように見えるけど。
by small_aquaworld | 2011-04-24 02:41 | メモ
スカーレットジェムの紹介です。
もしかして初出?自家繁殖のF2個体です。
d0209934_22105550.jpg
d0209934_2211795.jpg

半年ほど前の様子。まだ色が薄いです。
d0209934_2213879.jpg

d0209934_22132338.jpg
d0209934_22132914.jpg

d0209934_22265852.jpg

現在。かなり色が揚がってます、というよりこれでMaxでしょう。
今日気付いたのですが盛んにフィンスプしてました。十分に成熟したようです。
なのであとは光の当たり方とか写真の撮影技術になってくるんだろうなぁ(^_^;
F2は勝手に繁殖していたものなので得られたのは10匹と少数(狙ってやれば2,30匹はいける)
うち2匹は生餌⇒冷凍アカムシへの切り替えについてこれず、現在8匹。前回もここで何匹か落としてるのでここが難関と言えるかも。
残った個体に関しては(積極的ではないが)乾燥アカムシも食べるようになったのでエサが割と楽。
d0209934_22273338.jpg
d0209934_22274225.jpg
d0209934_22274928.jpg
d0209934_22275529.jpg
d0209934_2228315.jpg
d0209934_22281151.jpg

乾燥アカムシ食いながらフィンスプしてる食い意地張ったやつがいますね(笑
フィンスプ中は意外と動くので撮るのが難しいなぁ

本当に最近になってフィンスプしだしたと思うのですが何かのきっかけでもあったのだろうか。
とにかくよく観察できるので楽しい。小型魚の醍醐味ですよね。
これ見てるともっとたくさん増やしてみたくなったり。
ただメスの方が婚姻色でていないので準備が出来てるのか判断しづらいところ。出てなくても繁殖する個体もいるんだけど(^_^;
決定的瞬間を目撃でもしない限りは本格的なブリーディングには踏み出しづらいのです。やっぱり色々と面倒ですからね~
見た目同様にアピストみたく子育てしてくれたらなぁw
by small_aquaworld | 2011-04-21 22:37 | 熱帯魚
以前に咲かないーとボヤいてたラヌンクルス・パプレントゥス
d0209934_0182783.jpg

咲きました。
記事にしてまもなくから咲き始めたので2月末くらいから開花が始まりました。
念が通じたか!?
d0209934_0225351.jpg
d0209934_0225890.jpg
d0209934_023493.jpg
d0209934_0232374.jpg
d0209934_0234152.jpg

咲き始め~咲き終わりまで順を追っての様子。
雄しべがどんどんと伸びてくるんですよ。最終的には伸びきっちゃって花火みたいw
どんな花かというのは既に知ってたのですが、見て気付いたことが1つ。
ルドウィジアやらの花と違い、花弁に光沢があるんですね。
そのためしっかりと開花した花は作り物のおもちゃのようです。
あと、この花を見てどことなくヒメリュウキンカみたいだなーと僕が知ってる数少ない花を思い浮かべたのですが調べてみたらこれもラヌンクルスの仲間でした。
d0209934_031472.jpg
d0209934_0315312.jpg

こうやって花芽を上げてるそばからランナーまで出す始末。凄まじいまでの成長へのエネルギー(^_^;
先日2日水遣りを忘れたところ、また萎れさせてしまいました。
d0209934_0363355.jpg

メンドクサイのでこうやって外に出しました。株元は水に浸けてるのでもう大丈夫!
最近では鉢から飛び出すランナーが出てましたからね...また水の要求量が高まってたんでしょう。


今冬は例年にない寒さでしたが室内では青々として元気に越冬、更には屋外でも越冬。これ原産地どこだよ。耐寒性ありすぎ(苦笑
おかげで真冬でも綺麗な水上葉を楽しめるけどね。その代わりすぐに鉢一杯になるから水切れさせないようにするのが一苦労。水中でも爆殖するから寧ろ適度にコントロールするのが大変。

というわけで、水上で観葉植物みたく楽しむも良し、水中で楽しむも良しのかなり順応性の高い植物の紹介でした(^_^;
こんな紹介したら育てたいと思う人もいないだろうけど、こんな植物どうっすか(笑
by small_aquaworld | 2011-04-19 00:57 | 水上栽培
うちに素敵な贈り物が届いてました。
d0209934_2127534.jpg

Handful Wish~一握の願い~のあちぇさんからプレ企画で頂きました。

・ミクロソリウム フォークリーフ
d0209934_21311140.jpg
d0209934_21311798.jpg

不規則に出現するギザギザが面白いやつですね。

・ミクロソリウム スモールリーフ
d0209934_21331122.jpg

持ってるけどうちでは思ったように増えないので(苦笑

・ミクロソリウム 本ナロー wild
d0209934_21342692.jpg

リクエストしていたタイナローが出せないからと、ご好意からこちらを入れて下さいました。
でもこっちもかなり細いミクロソですね。
d0209934_2139688.jpg

こんなのがスモールリーフに絡んでました。これも本ナロー?
うちのスモール十字と比較するとそれよりもずっと葉幅が狭いよう。
葉の分岐の仕方が、今最も欲しいシダの1つ、超ナロー コーラルのようです^^
とりあえずはよく似た本ナローと一緒に巻きつけ。

コリ水槽に投入してみました。
d0209934_21455910.jpg
d0209934_2146654.jpg

奥からフォークリーフ、本ナロー、スモールリーフ。
エサの直後だったから、どうやって撮っても必ず魚がフレームイン(^_^;
キミら、ちょっと落ち着けww

あちぇさん、この度は3種類ものシダをありがとうございました。
シダコレクターのあちぇさんにお返しできるような珍しいシダは持ってないので心苦しいですが感謝の言葉だけですが(^_^;
夏場になれば有茎草の水上栽培をするから大量に増えるハズなので、もし気になるのがあれば言って下さいね^^
by small_aquaworld | 2011-04-16 21:26 | メモ
アクアプランツで見てなにやら違和感を感じたロゼオスパタ。
うちのを紹介してみます。
Schismatoglottis roseospatha(スキスマトグロッティス・ロゼオスパタ)
d0209934_21133677.jpg
d0209934_21134246.jpg
d0209934_21134894.jpg

うちに来て2,3ヶ月くらいかと思いますが成長が遅いです。
初めからあった葉っぱは黒髭ゴケがたくさんだったのでほぼ毟り取り、結果として1,2枚くらいの葉しかない状態だったかと思います。
じっくり見てみると手前の一枚はのっぺりしたのが展開してる。今気付きました。
完全水中葉はこういう感じ?個人的にはウェーブが入った方がいいけどなぁ

ところでroseospathaというのは赤い剣という意味らしいですが何が赤いのでしょう?
葉っぱは深緑だし、仏炎苞が赤いとかなのかな?
この水草も世界中を検索してみたんですが情報が少ないので結構謎です。
どうやらスキスマというのはブセとは近い種類みたいですね。
大半のスキスマは水上オンリーなようですがこのロゼオスパタは水中も問題なく生育する変り種。
葉っぱの形もシャープでブセとは違った感じでまた面白いです。
こちらの今後もブセ同様、気になるところです。

d0209934_21324019.jpg

咲きそうで咲かない蕾。左の方が若干大きいよう。咲くとしたらこちらが先か。
先日、コケ対策にマツモとニテラを投入。どうなりますやら。




カミハタインド便の9弾が来るみたいです。
新しくは無いけどピンナティフィダのラトナギリ産って以前から出回ってるハイグロ・ラトナギリってやつかな。
両者の違いはラトナギリの方が切れ込みが浅いんだとか。

ハイグロ・バルサミカ THENKASI:写真だと普通のバルサミカ。ロカリティがはっきりしてるのがポイント?地名はどう読むんだろ。テンカシ?

ミゾハコベ THENKASI:個人的には一番興味があったり。前記事で話題にしたばかりだけどラトナギリのが育成が難しいからこれが簡単に育つようだったらステキだなぁ
成長の仕方もラトナギリ同様に匍匐しやすいようだと新たな前景草としていけますね。

水上葉だとちょっと判断しづらいですが、案外水中葉で化ける水草もあるかもですね~
by small_aquaworld | 2011-04-14 21:54 | 陰生水草
遅ればせながらアクアプランツ見ました。

ブセ特集。色々とあるようですが僕は面白かったです。Kn便のは何かどれも同じように見えたし、軽くスルーww
現地での様子やらもあって楽しめました。

ざーっと目を通して気になったこと。
ダッチレイアウトの4位のミズハコベ・ラトナギリというのは??
あれってストロジンじゃないの?ミズハコベには見えないなぁ...
更に言うならミズハコベじゃなくてミゾハコベ・ラトナギリの間違いでは?
南米産ミズハコベのことをミズハコベ・ラトナギリって言ったりするのかな。聞いたこと無いけど。
ダッチレイアウト、綺麗なんでしょうけど写真サイズが小さいものが多かったんでしょうか。
載せるために拡大した結果、なんやらよく分からんようになってるのが多かった。
グランプリも画質が低下してて微妙で、はっきりと確認できた3位だったかの方が綺麗に見えたw

新着水草のホマロメナsp. ペンダン、葉っぱが白みがかるというのは興味深い。
気になって調べても水中で育成してる画像が見つからない...
ほんだしさん、どんな感じでしょ?確か持ってたよね?(笑
カユラピス産のスキスマも水中可能らしいので面白そう。
ただいまさら興味が出たところでどっちも入手できないんですよねぇ(苦笑

ロゼオスパタはもう育成中なんでまぁいいんだけど引っかかるのはその画像。
な~んかうちのロゼオスパタと葉っぱの形が違うような?あれ??
そもそも周りのカボンバが邪魔で草体がしっかり見えてないじゃないか...
そうそう、Newラージパールも新しい前景草として注目されそうだ。

そしてベトナムゴマノハグサの特集。なんか今更な感が否めませんが(^_^;
アクアライフで以前にも特集されてたような気も。そいえば、うちで育成し始めて既に2年以上経ったんだなぁ。いつの間にか結構維持してたんだな。

今回のアクアプランツ、やたら疑問符が浮かぶという結果になりました(笑
by small_aquaworld | 2011-04-12 16:10 | メモ
午前中外出してみると、桜が今まさに見頃のようで花見をされてる方がたくさん。
そんな桜が盛りの頃でもこっちはそれどころじゃありませんでしたw

予約していた温帯スイレンが今日到着。

タン・クワン
ペリーズ・カクタス・ピンク
バーニス・アイキンス
ホワイト1000ぺタルス
ホワイト・センセーション
グレッグズ・オレンジ・ビューティ
ペリーズ・ダブル・イエロー
計7品種。

さっそく植えつけました。以前から持ってたものもあわせて10種。
一番面倒なハスの植え付けは後回しにしたのに結局温帯種の植え付けしか出来なかった...
今年はビオトープ用の植物がたくさん増えたので植え付けが大変なのですが(^_^;
特に花ハスの植え付けはそろそろ終えとかないとマズい気がする。

今回届いたスイレンの土を触って気付いたこと。
ずいぶんドロドロしててやわらかい。
うちで練った土は水分が少なめで非常に固かったのでちょっとマズかったかも。
改めて考えてみれば田圃の土が良いというんだから軟らかいよなーと。
そこで水を入れて練り直したところ、泥水が飛び散って大惨事(苦笑
パワーミキサーの力がハンパないので加減ができないという落とし穴w
みんなどうやってるんだろ?
仕方ないのでしっかりと練った後に水を加えて手捏ね。
これだけでも結構疲れる。好きじゃないと到底やってられないなぁ

そんなもんだから、たくさんのハスを管理してる人は尊敬しちゃいます。



4/10追記
d0209934_20355972.jpg
d0209934_2036660.jpg
d0209934_20361355.jpg
d0209934_20361927.jpg

植え付け自体は7割方終了。一番大変な花ハスの植え付けを終えたので一安心。
やはり時期が遅かったから新芽がたくさん出てた。誤って折ったりも(^_^;
あとは容器の掃除が全く手付かずなのでそれもしないと。
八重オモダカ、ガガブタ、バナナの植え付けがまだだけどこれは急がないでもいいかな?
ウォーターポピーは越冬できたかがちょっと微妙なような。
アメリカアサザの鉢がなぜか見当たらない。どこ置いたっけ?これも探さないと。
ミズサンザシが予想以上の根張りで掘り返すのに大苦戦。時間が掛かったせいで草体がちょっと干からびちゃった。また葉っぱが溶けていきそうな予感が....
メダカの大敵、ヤゴもたくさん居るようだ。抜け殻も確認できるし、4cmオーバーのやつを見つけた。容器は一旦水を抜いてコイツラの駆除もしなくては!
近づくと毎回チャポンっと大きな水音をする容器もある。カエルが住み着いているようだ。ネイチャーだねww

順調にいけば5月あたりから華やかになっていく予定です。今年はかなり色んな水生植物が揃ってます^^
by small_aquaworld | 2011-04-10 20:55 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
温帯スイレンと一緒にブセファランドラも届きました。
ブセファランドラ sp. Chopper-Leaf
d0209934_20254262.jpg
d0209934_20255286.jpg
d0209934_20255843.jpg
d0209934_2026390.jpg

葉が波打つブセってことでウェービー大好きな自分としては行くしかない!
少数のみのリリースだったので、当日に売り切れだったみたいですがなんとか入手(店によってはまだ在庫あるっぽい)
d0209934_2033410.jpg
d0209934_2033325.jpg
d0209934_20334710.jpg

ウェーブがはっきり見て取れます。
d0209934_20353498.jpg
d0209934_20353922.jpg

色合いも他のブセとは違うよう。若干白みがかってるというか。
そういやこれって水上葉なのか水中葉なのか分かってなかった。もしかしたら葉色は変化してくるかも。

チョッパーリーフってなんだろ?と思って調べてみたんですが波葉ってことみたい。

最近この水槽、コケが目立ってきたので水温も上がってきて投げ込みフィルタだけじゃ濾過不足かなと思ってたけどさっき気付いた。エビ、いない。
どこ見てもエビ見えない。ここにはゴールデンシュリンプの他、ヤマトも10匹ほどいたはずなのに
見渡してもいるのはエンペラーテトラ、貝、スネールのみ....
最近になってエンペラーのみここに移した結果がこの状況。怪しすぎ。
単独飼育はマズかったようだ。綺麗なんだけどなぁ、ロクなことしねぇなコイツラ。
まさかこんなことでゴールデンシュリンプが全滅しちゃうとは想像もしてなかった(T△T)
自分より大きなヤマトもいたのに。シュリンプイーターなエンペラーテトラ怖すぎる....

d0209934_20415686.jpg

クアラクアヤン2が咲きそう。
咲かないなーと見てたらいつの間にか付いてた。
うちでは初開花となるので楽しみです^^

そういや外出たのにアクアプランツ買い忘れちゃった(^_^;
by small_aquaworld | 2011-04-09 20:58 | ブセファランドラ
水上栽培のハイグロ・ピンナティフィダの様子。
d0209934_2124767.jpg

普通に育ってる....昨夏、屋外栽培では思うように増えてくれず、大失敗だったのが嘘のよう。
やっぱ腰水なのがいいのか。
やはりうまく育たなかった他のトロピカ水草たちもそれが原因なのだろうか。

ガラス面に虫らしきものが止まってるのが写ってて慌てて確認したらホントに虫だった...
外側に止まってたので一安心。水槽内で沸いてるわけではないようだ(メダカもいるし)
暖かいからここにいたんだろうな。すぐさまカラシン水槽行き。

d0209934_21312260.jpg
d0209934_21313089.jpg

水中葉はカラシンやエビのオヤツになってて散々だけど水上は大丈夫そうです。
ただし弱光だから茎がひ弱。
最近温度が上がってきてて、これ以上カメラを近づけると曇ります(^_^;
ジュエルオーキッドを全て取り出したら温室内はけっこうスペースに余裕が出来ました。また何か置けそうw
とりあえずシンタンを上に置いた。
この前出したミゾハコベを戻そうかな?トルネードはあっさり枯れてしまったし(苦笑
d0209934_21392728.jpg

ピンナティフィダを良く見ると産毛生えてる。もともとこんな植物だったっけか?それとも高湿度で育ててるからか。
このようにレンズが曇りますww

d0209934_21404541.jpg

関係ないけどアブチロンが綺麗。一目惚れして入手した初アブチロン。
アブチロン自体は祖母が育ててるからいくつかあるけど
他の品種も欲しくなってきた(^_^;


検索ワードを見るとラヌンクルスを調べて来てる方が結構いるようです。
そんなに育ててる人がいることに驚き。かなりマニアックな水草だと思ってたw
うちでも変化があって、ちょうどいいので次回はその話題にしようかな。
by small_aquaworld | 2011-04-08 21:46 | 水上栽培