人気ブログランキング |
ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

<   2011年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ウォーターポピーが咲いてました。
d0209934_23565739.jpg

1輪だけw
この2週間くらいはまったく見た記憶が無いので本当に久しぶりの開花でした。

入れる容器をころころ替えて、その際には葉っぱが絡まってどうにもならないから
強引に引き千切ってたりしたんだけどそれが影響してたりするのかな?
d0209934_005340.jpg

他のはこのように普通に咲いてるんですけどね(^_^;
半分くらいは浮き草状態で植えてすらいない状態。スイレンもだけど植わってなくても意外と咲いてくれるのが水生植物のいいところ^^

今気付いたけど水面に鏡のように映ったガガブタとか綺麗かも。
by small_aquaworld | 2011-08-31 00:20 | ビオトープ
驚異の5輪咲き!
d0209934_084185.jpg
d0209934_084823.jpg

5輪は初めて見ました。たぶん。
人によっては6輪咲きとかもありそうだけど、中々タイミングが合わないものです。
次は目指せ6輪咲きですね!

この日はかなり開花数がありました。イノセンスだけで5つですからね~
温帯種もいくつか頑張ってて、20種30輪くらいの開花でした。
黒姫は早々に焦げてました(苦笑

d0209934_015289.jpg
d0209934_0153421.jpg
d0209934_0154150.jpg
d0209934_0154782.jpg

ブルズ・アイは2日目以降の花形の方が好きだな。

暑いので写真もそこそこに撤収(笑
一時涼しかったのにまた暑さが戻ってきましたね。
スイレンのことを考えるとどっちが良かったのか悩ましい....
by small_aquaworld | 2011-08-31 00:19 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
イノセンスが4輪咲き
d0209934_2073935.jpg
d0209934_2074734.jpg

何気に4輪咲きを見たのは今年初めて。
下の3つは明らかにサイズが小さくなってます。栄養が分散されたのかな?
今年は熱帯スイレンも勢いがイマイチだったりします。2輪、3輪咲きも去年と比べると数が少ない気がします。微妙な天候とかも関係してるんですかね。
小さい方の紫式部が2輪咲き
d0209934_20123461.jpg

リナ・アルマコッレ
d0209934_2013944.jpg

リンジー・ウッズ
d0209934_20133355.jpg

サイアム・レッド
d0209934_20134069.jpg

ピンク・ルビー&ムーン・ビーム
d0209934_2014171.jpg

温帯種のスノーボール
d0209934_2014525.jpg

ピンク・ルビーその①
d0209934_20153966.jpg

ピンク・ルビーその②
d0209934_20162550.jpg
d0209934_20163565.jpg

咲くまで時間掛かったけど咲き出したら勢いは結構良いです。
マイアミ・ローズ
d0209934_20182270.jpg

サンシャイン
d0209934_20183565.jpg

ウルトラ・バイオレット
d0209934_20185416.jpg

ブリンク
d0209934_20192843.jpg

紫式部&スター・オブ・サイアム
d0209934_20195333.jpg

バーバラ・バーネット
d0209934_20201423.jpg

色合いはデー・グローによく似てます。

んー結局めんどくさくなって交配できてない....
写真見ても分かるように虫は沢山来てるので自然に結実してくれないか期待。
手作業で頑張って交配してみても意外と上手くいかないんですよねぇ(^_^;
by small_aquaworld | 2011-08-27 20:51 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
たまには水中の話でも。
Schismatoglottis roseospatha(スキスマトグロッティス・ロゼオスパタ)
d0209934_20293880.jpg

地味に増えました
d0209934_20305872.jpg
d0209934_2031721.jpg

ブセファランドラともまた違った雰囲気でいいです。
西カリマンタン産に若干似てるかな?と感じますがこちらは葉先がシャープに尖ってます。
d0209934_20341539.jpg
d0209934_20343620.jpg

葉っぱは若干ウェーブがかってます。
d0209934_20353184.jpg

葉色は真緑。よく見ると葉脈というのかな?細かな模様が見えます。

水中でも普通に育ってるのでスキスマでは珍しく水中も得意なようですね。
水中得意なブセと同じように育てられます。
ただし!
ブセみたいに刻んだりするのは控えた方が無難。
たくさん脇芽を出してやろうと刻んだところ、5つにカットして4つが腐りました。あまり細かく刻むのは危険っぽい。
結局かなりの数が腐ってしまったので思ったほど増えてません(^_^;
なので、そのまま伸びるに任せるという管理で維持。
d0209934_20432426.jpg

貴重な小株
d0209934_20444931.jpg

根っこはかなり伸びてました。

夏場の暑さであまり調子がよくない水槽ですがこのスキスマはコケもあまり付かず
綺麗に維持できてます。
ブセ、種類によっては黒髭ゴケが見苦しい状態だったりします....
室内水槽は現在換水ペースも月1とかだったりするんで仕方ないんですが意外とシダ病も出ないもんですねw
by small_aquaworld | 2011-08-27 20:50 | 陰生水草
保険として頂いていたもう1株の紫式部。
開花しました。
d0209934_2124340.jpg

水深が深いので蕾が水面に上がるまでに多少時間が掛かりました。今までの容器だったらもっと早く開花してたでしょうね。
ちなみにこんな感じ
d0209934_2142713.jpg

中央がそうなんですが花のサイズはまだまだ小さいです。
もう1つの株はかなり充実してるようで花も立派
d0209934_2195857.jpg

d0209934_2204142.jpg


あとはホワイト・センセーションも久しぶりに開花
d0209934_2214710.jpg

株分けしてからは初めての開花かも。花形も微妙(^_^;

温帯種はほぼお休み状態になってますが株分けの影響も少なからずありそうです。
毎日1,2品種くらい咲いてる程度とかなり寂しい状態。


とにかくこれで残る未開花は2品種、株としては
オスタラ×2、ピーチ・ブローの計3株。他は余剰株含め全て開花。
ピーチ・ブローは確かに葉っぱ少なかったけどすぐに開花するかと思ってたんだけどなぁ...
今期中に開花までいけるといいけど果たしてどうなるやら。
by small_aquaworld | 2011-08-26 03:03 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
爆殖系のビオ植物をこのプールに纏めてみました。
d0209934_2292362.jpg

右奥から時計回りにハナガガブタ、アメリカアサザ、ガガブタ、ウォーターポピー。中央になんとなくウォーターダイヤモンド。
今までの45cmの鉢だとすぐに葉っぱが混み合って間引いてたりしてたんですがこの180cmプールだったらのびのび育てられそうです。今までにハナガガブタを除く3つは半分以上を廃棄してきたりと勿体無いように感じてたんですがもうその心配も要らないですね。

d0209934_2345216.jpg

ガガブタ。40輪ほど咲いてるみたいです。
これは今までで最大の開花数。ですがこの広さならその倍は咲いて欲しい。
d0209934_2384092.jpg

アメリカアサザ。毎日沢山咲いてます。
殆どの株は水面に浮かんだ状態なんですけどねw
d0209934_2395495.jpg

ハナガガブタ。
いつの間にかバナナ(殖芽)がいくつか出来てました。うち、5,6個のバナナは親戚に強奪され、ぱっと見ではバナナ見つかりません(笑
ま、そのうち新たに出来てくるはず。

最近ウォーターポピーが全く開花していません。まだシーズンオフには早いと思うんだけど...
心当たりはありすぎるけど根詰まりが一番怪しいかな?
株同士が絡み合って解けなかったから強引に引き千切ったのは他のも一緒だし。
そういえば最近追肥ってしたかな?


これらの植物に限らず、今年は水生植物全般に大量発生していたアブラムシを完全に駆除することが出来ました!
オルトランは思ったほど効かなかったのでスミチオンを使用。
アホみたいに濃いほぼ原液状態を散布したら瞬殺。特にスイレンやオモダカに沢山付いて悩まされてたアブラムシがあっさり消滅しました。
ついでにヤゴも消滅。
濃すぎたからスイレンの葉っぱも相当数枯れたけどw
その後、液が無くなったため今度は適当な希釈液にして散布したらやはり効果あり。今度は植物へはダメージ無し。
やっぱり薬の力はすごいですね。
因みにオルトランは意外と効果なし。顆粒を水鉢の中に投入したけどボウフラもヤゴも死ななかった。予防にもあまり期待できないかな。
by small_aquaworld | 2011-08-26 03:03 | ビオトープ
3回目はGoodyera(グッディエラ)の紹介。
日本にもお仲間が自生してたりするジュエルオーキッドです。
うちにはなぜか同じものが複数あるという状況になってますが....とりあえず紹介!
うちで栽培してるのは全てGoodyera pusilla(グッディエラ・プシラ)になります。
他の種類は結構地味なのが多いですね。そんな中でプシラは派手系と言えるんじゃないでしょうか。

①Goodyera pusilla(葉脈ピンク)
採集地:Mt.Kinabalu Sabah Malaysia(マレーシア キナバル山)
d0209934_22494891.jpg
d0209934_22495334.jpg
d0209934_22495922.jpg


②Goodyera pusilla(葉脈白?)
採集地:Gunong Jerai Kebah Malaysia(マレーシア ケバ州 グニュンジュライ)
d0209934_22511930.jpg
d0209934_22512577.jpg
d0209934_22513146.jpg

葉脈が白いということで入手した株のはずがいつの間にか①のピンク株以上のピンク色に(笑
写真写り悪いので実物はもっとピンクって感じ。
初めは確かに白だったんですけどね....まぁ綺麗なんだけど(^_^;
でも白の株もやっぱり欲しかったので改めて入手しました。
オクで安く入手できました。どうでもいいけど検索するとタイヤの方が引っかかったりするんだよね。GOODYEARの間違いだけど訂正する気はないようだ。
③Goodyera pusilla(葉脈白のはず...)
d0209934_22561471.jpg
d0209934_22561949.jpg

なんか段々赤みが出てきたような?
また数ヵ月後にはピンクの株になってたりしてw
葉脈がピンク色の株って白に比べるととても珍しいものと思ってたんですが
もしかすると環境に左右されるものなのかもと思ってます。
by small_aquaworld | 2011-08-23 23:08 | ジュエルオーキッド
ピンク・ルビーが初開花しました。
d0209934_2334037.jpg

余剰株のほうです。やっと開花してくれました。2日目くらいかな。
d0209934_236231.jpg

3.5号ポットに植え付けて小さな石臼に入れて栽培してたんですが、中々蕾が出ず、開花は無理かと諦めていたところで開花。まだ次の蕾も控えてるようです。
それにしても印象が全然違います。花のサイズが小さくなるだけでなく花弁の数も減ってるかも。
因みにこの花は3cmくらいしかありません。熱帯性の姫スイレンといった感じですw
なんかピンク・ルビーじゃなくて別の品種みたい。

スイレンの花上がりを左右する1番の要因はもちろん日照なんですが、水鉢の広さもかなり重要なんでは?と感じています。植え付け容器のサイズも関係してきますが、
植え付け容器のサイズ<水鉢(水面)の広さ
こんな風に思ってる。

例えばこちらの紫式部
d0209934_23194914.jpg

120cmプールいっぱいに葉が広がってます。
d0209934_2321411.jpg

そのおかげで絶好調。蕾も5,6個控えてます。花の途切れる日が無いくらいの開花状況です。
こちらは5号ポットなんで全く対照実験になってないんですけどねw
調子の良い株なら普通の4,50cmくらいの水鉢でも同じような開花状況になるんですが調子を崩すのもあるのが困りもの。フォックス・ファイヤーとか...
d0209934_2330563.jpg
d0209934_23301346.jpg

紫式部って蕾も真っ黒だから面白い
d0209934_2331385.jpg

こういう色の蕾って一部のムカゴ(うちだとリンジー・ウッズ、サイアム・レッド)しか知らないのでその辺りを片親に使ってるんでしょうかね。或いは自家受粉での実生か。
d0209934_23342092.jpg

d0209934_23345610.jpg

ロストしないように沢山ムカゴを取っておきたいところです。ムカゴの成長はまだこれからのよう。
もう1株保険で頂いた方の株も蕾が確認できました。どうやら咲いてくれそうです^^

同じくお気に入りのムカゴ種、ブリンクのムカゴも沢山取りたいのでビニールプールを増設。
全部で5つセット。合計水量は何t?とりあえず水たまりが一杯です(^_^;
見栄えは微妙だけどコストパフォーマンスはかなりのものです。
d0209934_23374127.jpg

これは240cmですがさすがにデカかった....うちの庭は基本的に土で、しかも傾斜が凄まじいので均すのが超大変でした。切り株は引っこ抜いて、土を耕して―何か農業してるみたいだし、それもどちらかというと開墾という雰囲気w
このビッグサイズは2つ買ってたけど、1個目は地均しがあまりに雑だったため、水張ってる最中に一部に大きな負荷がかかって破れてしまいました。1t以上の水が一気に流れ出たのには流石に驚きました。軽い洪水状態(苦笑
d0209934_23445324.jpg

このプールの中央には絶不調のドクター・G・カッシーナを巨大サイズのタライに植えつけてみました。これで復調してくれればいいのですが。
ついでに花のサイズも大きくなれば最高だったり(笑
by small_aquaworld | 2011-08-21 00:00 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
d0209934_234891.jpg

Alocasia cadieri(アロカシア・カディエリ)
通称グリーンベルベットと呼ばれるイモです。
最近とてもかっこよく育ってきました^^
葉っぱが一方向に偏りすぎですが(苦笑
動かして適度に葉を散らしてやらないとバランスが....
d0209934_2354627.jpg
d0209934_2355240.jpg
d0209934_2355718.jpg

コレを置いてるだけでオシャレ感が一気にアップしたような気がします(笑
株が充実したせいでしょうか、最近展開してくる葉っぱはとてもデカいです。
測ってないですがおそらく40cmくらいはあるんじゃないかな?
見た目もGood!ですが手触りも最高です。正にベルベット!

縁とか一部茶色く変色しちゃってるのはお馴染みのこちらのミスによるもの。
庭でイモたちに水遣りしたあと、そのままコンクリに一時間ほど放置してたら高熱でやられました(^_^;
ベサールとかパープルウィドーとかもヘニャっと茎が萎れてたので肝を冷やしましたがなんとか耐えました。炎天下でコンクリート上に放置はやめましょうw

で、以前にチラッと言ったかと思いますがこのグリーンベルベットは小株も取れたので屋外栽培なんかしてみました。
その屋外栽培、現在の様子
d0209934_23154548.jpg

真夏の直射日光でも大丈夫でした。初期にはちょっと葉っぱが痛みましたが今は全く動じません。
ここの環境ですが、西日もガンガンに差す日当たり最高の場所になってます。日照時間は半日以上、日照にはうるさい温帯スイレンもよく開花するような条件です。
ネットなんかで育て方を調べても半日陰とか明るい室内とかなってるのに、まったく無視w
その場所に小株2株を植え、2株とも普通に育ってるよう。
庭に地植えして一月以上経つので光に関しては非常に強いと言えるんではないでしょうか。
ただサイズが凄まじく小さくなってます。葉っぱ10cmくらいしかないんじゃ?
巨大化してくれるかなー?という期待とは真逆の結果になってしまいました。
葉っぱも多少肉厚でベルベット感も...(^_^;
d0209934_23211210.jpg
d0209934_23212187.jpg

茎もガッシリしてて成長不良というふうには見えないわけで。
やはりほどほどの日照が綺麗に育つ秘訣なのかもしれません。
もう少し暗めの環境に植えてやればカッコよく育ってたかも。
とりあえず寒くなるまではここで育てて様子見。
d0209934_23403384.jpg

そのお隣ではハナオクラがよく育ってます。昨日は12輪開花してました。食べるの大変。
グングン育って一番背の高いのは170cmくらいありそうです。すぐに僕より高くなりそうです。

アロカシア・グリーンベルベットって栽培は簡単だし、あとは耐寒性があれば最高なんですけどね~
寒さには滅法弱いらしく、今年の4月くらいに導入した当初は寒さで死に掛けてます。
夏場、よく増えても冬を乗り切れるかが一番の問題。
今5株くらいになってるんだけど....
by small_aquaworld | 2011-08-16 23:44 | 園芸
毎日10数品種くらいは咲いてるようです。温帯種は開花がほぼ休止状態。黒姫とかが頑張って咲いてるけど焦げてるw
初開花のと気になった品種を紹介。

この前導入した株が開花しました。
サザン・チャーム
d0209934_2238093.jpg
d0209934_2238558.jpg

グラデーションが綺麗でした。グリーン・スモークの青みを強くしたような感じですかね。
バーバラ・バーネット
d0209934_22415515.jpg
d0209934_22415979.jpg

サンセットカラーな品種。柔らかい色合いですね。
デー・グローが好きなので結構好みです。色はもっとはっきりしてくるはずです。

ピンク・レパーデス
d0209934_2248847.jpg
d0209934_22481671.jpg

イメージとは違ってたけどこれも綺麗に思えてきました。
アンタレス
d0209934_22502952.jpg
d0209934_22503518.jpg

開き方はこんなものなのかな。もっとガバーっと開くものと思ってました。
真紅の花弁は昼咲きとはまた違った魅力がありますね。因みに5時撮影(笑
d0209934_22542231.jpg
d0209934_22543014.jpg

ウルトラ・バイオレットとブルズ・アイってホントそっくり。
実は兄弟株とか交配の親が同じだったりして。
d0209934_225648100.jpg

色の濃さは全然なんですがとにかくカッコイイ^^
紫式部
W咲き!
d0209934_22585818.jpg

変な蕾だったものは咲いたらやっぱり変でした。
4番花
d0209934_2302569.jpg

次の蕾もなんか変なやつです。なんなんだろう?
でも花上がりは良好。
フォックス・ファイヤーのW咲き!
d0209934_2335047.jpg

d0209934_235867.jpg

もう少し赤みが欲しいところ。
全体像
d0209934_236091.jpg

左下からフォックス・ファイヤー、紫式部、スター・オブ・サイアム。
調子の振るわない株やこれから成長する株を入れてるのでまだまだスペースに余裕があります。
あとここでは毎日メダカの稚魚が数匹見つかります。広いから親にも見つかりにくいのかな。
by small_aquaworld | 2011-08-13 23:15 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)