人気ブログランキング |
ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今季(?)も咲き出しました

Aponogeton distachyus(アポノゲトン・ディスタキウス)
ミズサンザシの名でよく呼ばれますね
d0209934_222355.jpg
d0209934_2222833.jpg
d0209934_2221958.jpg

これは咲き始めの花。

少し経つとこんな感じ
d0209934_224232.jpg

ま、伸びるのはここらあたりまでかな。

開花一番乗りを果たしたのは2年以上の大株でした。
まだ葉っぱを出し始めたばかりなのですがやはり地力が違いますね~

全体像
d0209934_2241232.jpg

全体としてはまだまだこれから。葉っぱ無いんで(笑
本格的な開花は10月入ってからでしょう。

今年発芽の株も開花はできるけどスタートに差が出ちゃう。
涼しくなってきて息を吹き返してきましたミズサンザシ。
今年は例年以上に暑かったためか、夏季には葉っぱがゼロになりました。
開花も早ければ8月中から始まりますが結局9月中旬になってしまった(^_^;
by small_aquaworld | 2013-09-21 02:34 | ビオトープ
チョーラープが咲きました
d0209934_21121525.jpg

ピンク・レパーデスに激似な気がしますね
あと何回かは咲くと思います

セントルイス・ゴールド
d0209934_2114144.jpg

これも初開花
超小型ですがなんとか。

あとはちらほら咲いてました。
オータム・クラッシュ
d0209934_21184420.jpg

ブルズ・アイ
d0209934_21185527.jpg

イスラモラダ
d0209934_21191554.jpg

水玉模様が綺麗です
カンジャナテップ
d0209934_21195210.jpg

素晴らしい...
ビミニ・ツイスト
d0209934_21204843.jpg

スモーク・グリーン
d0209934_21211233.jpg

ブリンク
d0209934_21221358.jpg
d0209934_2122890.jpg
d0209934_21215913.jpg

ムカゴ種には珍しい淡いトーンの花色
アバランチ
d0209934_21233292.jpg

ゾルフォ・スター
d0209934_21234461.jpg

サンシャイン
d0209934_21242215.jpg

紫式部
d0209934_21245487.jpg

ドウベン
d0209934_2125986.jpg

リン・エレン
d0209934_21253171.jpg


ペリーズ・ベイビー・レッド
d0209934_2127097.jpg
d0209934_21265451.jpg

光沢のある赤い花が可愛らしく咲きます。
ブラック・プリンセス
d0209934_21283077.jpg

同名で2種類の花はあるのは紛らわしいので来季からはオールモスト・ブラックとして管理の予定。
マニー・レッド
d0209934_21302455.jpg
d0209934_21301541.jpg

濃い赤の品種はこれだけでいいようにも思えてきた。育てやすいし。
タンポン
d0209934_21312315.jpg

サイアム・ピンク
d0209934_21313781.jpg

ジョーイ・トモシック
d0209934_21315526.jpg

小さく咲いた
タイ・ピーチクリーム
d0209934_21322982.jpg

画像で3輪咲き。植えつけ容器の端に到達してそこから花芽をたくさん出してるので密集(笑
d0209934_21323719.jpg

プラ鉢栽培でも常時こんな状態です。
あまりによく咲くので腐った花殻ですぐに水が黒くなります。すぐに取り除けよっ!って話ですが(^_^;
コケだらけになる容器は稀ですが水が真っ黒になる容器は実は沢山あったりします。
水を替えてもまたなるのですが、マメに手入れすれば防げるんでしょうか....
マリアセア・カルネア
d0209934_21441825.jpg



温帯種もですが熱帯種も数増やし過ぎたかな~とちょっと反省。株が多すぎて手が回らん。
熱帯種の方もいくつか品種を減らそうかな。
プラ鉢で複数株の栽培はかなり疲れると痛感。
by small_aquaworld | 2013-09-13 21:53 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
Tillandsia ionantha Druid
d0209934_20492975.jpg

今更なんですが
以前紹介したドルイドさんなんですが種子が弾けてました(春ごろの話です)
d0209934_2051685.jpg
d0209934_20504583.jpg
d0209934_20503953.jpg

綿毛みたいなのが凄い密度で密集してる。
シードポット1つに100以上の種子があるんじゃないでしょうか?
ヒスイカズラの行燈支柱に引っ掛けて置いてたのですがヒスイカズラの葉っぱの至る所に綿毛が!!
初めて見たときはタンポポの綿毛が大量に風に乗ってきたのか?と思いました(^_^;
で、上見たら弾けましたよって感じで空っぽのシードポットがありました。

交配は
T. ionantha Druid × T. ionantha Ron

理想はロンの形状してて白花ってとこですかね。

とりあえず蒔きました
d0209934_2112355.jpg

らん展で小さめのヘゴ棒買ってたのでそれに。
見た目通り風で容易に飛ぶのでまずヘゴを湿らせるのが必須。
写真では受け皿に水を溜めてますがこれはダメですね、すぐカビました。
芽吹きたての実生株はやはり乾燥に弱いのであまり乾かすのは厳禁ですがメリハリが大事らしい。
半年以上経った現在、ようやくチランジアらしくなってるので
また紹介します。
by small_aquaworld | 2013-09-13 21:53 | チランジア
青い悪魔、開花中(笑
d0209934_2028458.jpg
d0209934_20283963.jpg
d0209934_20283421.jpg

最近になってよく咲いてる姿を見るようになりました。ここ最近は毎日どれかが開花してるっぽい。
「青い」という形容はおそらく花の色からきてるんじゃないかと思いますが意外と綺麗な花なんですよね。一日花だけど。
そろそろメダカの産卵床にも使わなくなってきたホテイアオイさんですが花でも楽しませてくれてます^^

近い仲間のこちらも再び開花し始めました
ポンテデリア・コルダータ
d0209934_20332384.jpg

花の形はそのままにサイズを超小型にしたってとこですかね。
花が密集して続々開花するので非常に見栄えがします。

ポンテデリア・コルダータ・アルバ
d0209934_20354654.jpg
d0209934_20353991.jpg

残念ながら本調子でないようでまばらに開花ですが
白花も綺麗ですよ。

株詰め込み過ぎだったようで成長がイマイチでした。
半分は破棄したんですが来年はもっと株数を絞らないと。
とにかく生育が旺盛な植物です。
抽水性植物として扱われることが多い気がしますけど乾燥にも非常に強いです。
生育期には水の吸い上げが活発になりますが数日干上がった程度ならなんら問題にもならない様子。
by small_aquaworld | 2013-09-13 21:53 | ビオトープ
タイタンビカス・アルテミス
d0209934_2018514.jpg
d0209934_20184382.jpg
d0209934_20183537.jpg

月の女神の名を冠する新色タイタンビカス。
やさしいグラデーションが綺麗でした^^
d0209934_20182767.jpg

割と小さな株のうちから咲き出すようです。
小さな株のサイズとアンバランスな巨大花が目立ちます。
グラデーション系のタイタンビカスには既にアフロディーテがありますが
あちらが濃い目の色合いでこってり系なのに比べるとこちらは控えめかもしれませんが涼しげでもあります。
ブライトレッドとの交配による種子が現在熟成中なので来年の開花が楽しみでもあります。
開花中のこの花はローズと交配させておきました。
何か面白いの出ないかな?
by small_aquaworld | 2013-09-13 21:52 | 園芸
毎度同じような品種ばかりですが(^_^;

イミュタビリス ディープ・ブルー
d0209934_20563452.jpg
d0209934_20562779.jpg
d0209934_20561572.jpg

なんとか3つ目が開花。
2番花は強い雨ですぐに傷んだので観賞できず残念でした。
ドクター・G・カッシーナ
d0209934_21123995.jpg
d0209934_21122288.jpg

この前購入したばかりなので付いてた花芽です。
やはりかっこいい。大好きな品種です^^
大株に仕立てればもっとらしくなるでしょうがまた来年考えます。
タンザナイト
d0209934_20584063.jpg

小さいです。根鉢が回ってたので土をけっこう崩して、根っこも多少除去してから植え直しました。
おかげでまだ咲き出しましたが越冬までに本調子の花を見れるか!?
ホット・ピンク
d0209934_2131318.jpg

名前通りの鮮やかなピンクで他にはあまり見られない色合いです。
ピンク・ルビー
d0209934_2153858.jpg

ピンク・パール
d0209934_2155791.jpg

もっとピンクなんですがうまく撮れません(^_^;
イノセンス
d0209934_2162576.jpg

この株はホワイト・パール?という、やたらデカい花を咲かせます。
カオヒラリー
d0209934_2192512.jpg

まだムカゴ採れてません。この花はどうしてもこの角度の画像ばかりになっちゃう。
ダオ・ファー
d0209934_21103032.jpg

リナ・アルマコッレ
d0209934_21105363.jpg

サンシャイン
d0209934_21112487.jpg

紫式部
d0209934_21115697.jpg


スノーボール
d0209934_21145118.jpg

確かに雪玉のような丸っこい可愛らしい花を咲かせますがより花上がりが良いマニー・サイアムを持ってるので今季限りの栽培のつもり。
タンポン
d0209934_21181219.jpg

花粉が沢山出てます。交配には使えるのかな
ピーチーズ&クリーム
d0209934_2119119.jpg

淡いピンクが神秘的




交配したくても花粉が無い(苦笑
by small_aquaworld | 2013-09-06 21:29 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
Abutilon menziesii(アブチロン・メンジーシー)
d0209934_206769.jpg
d0209934_205337.jpg

アブチロン原種の1つでハワイ固有種。

葉っぱはやけに丸っこく、一般的なアブチロンとは異なった形状をしている。
葉色も真緑でなく若干白っぽく、表現しにくいがクリームがかった緑色といった色。単に今の時期だけなのかもしれないが。
花の形も変わっており、立ち性品種よりもウキツリボクのようなつる性アブチロンに近い。
ワインレッドのような黒みがかった赤というのもなかなか珍しい。
現状3,4回咲いたのみ。もしかしたら花上がりは園芸種ほど良くはないのかもしれない。
自生地では絶滅が危惧されているらしいが、栽培自体は非常に容易で旺盛な成長を見せる。
自家受粉と考えられるが結実を確認。原種だからか、種子は得やすいようだ。


Abutilon indicum(アブチロン・インディクム)

d0209934_20244940.jpg
d0209934_20244181.jpg

後で気づいたことだが、このインディクムはどうやらグランディフローラムのシノニムらしい。
Abutilon indicum=Abutilon grandiflorum
グランディフローラムとして購入した種子は播種後、2,3日後にはほぼ全粒発芽し、非常に旺盛な成長を見せた。
他の園芸品種のアブチロン種子は、何も手を加えずに蒔いた場合、発芽まで早くとも2週間程度は掛かる。
何度か開花を確認したがおそらく一日花。
アブチロンというにはシンプルで小さな黄色の花をフラットに咲かせる。
開花後は高確率で結実することからも本種の異常な繁殖力を察することができる。
実物を見たことが無かったので試しに栽培してみたのだが―
性質もまさしくだが、花も雑草かのようなあまりの地味さに栽培は中止。
現在は手元に無いがあえて栽培するようなものでもないかな?
原種で綺麗な花ってのは貴重なのかもしれませんね。




富士花鳥園で販売されている同園のオリジナルアブチロンが育ててみたいのですが静岡はちょい遠い。
「通販無いの?」と聞いたら、やってない。とすげなく断られたので直接来園して購入するしかないようです。
フクシアは通販してるんだからアブチロンもやってくれてもいいのになぁ~
by small_aquaworld | 2013-09-06 21:29 | アブチロン