人気ブログランキング |
ブログトップ

It's a small aqua world!

tinyaqua.exblog.jp

淡水の小型魚やエビ、水草を育ててます。

<   2014年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

この涼しさは輸入したスイレンの養生にはぴったりだな!と思ってたら一転暑い夏が戻ってきた
輸入中に暑くならなくてよかった。間一髪だったかな

サイアム・ピンク
プラ鉢の株
d0209934_11314016.jpg

d0209934_11313874.jpg

プールの株
d0209934_11324330.jpg
d0209934_11321333.jpg

奥のサイアム・パープル1との色の違いはこんな感じ
d0209934_11342442.jpg

サイアム・ピンク、去年は恐ろしい勢いで咲いてくれたけど今年は2ケタもいかないかも...
置き場所考えないと

サイアム・ピンク・チップス
d0209934_1135566.jpg
d0209934_11350100.jpg


ISG 3種の比較
d0209934_11365259.jpg


ギガンティア・ネオロゼア
d0209934_1141338.jpg
d0209934_11412698.jpg

通称桃G。実際にはもっとピンクに見えます
初めて見ましたが綺麗なピンクが高い位置で咲いてるとよく目立ちます
なんか全体的にギガンティアよりもゴツい
葉柄の太さも青G以上

スノー・プリンセス
d0209934_1147529.jpg


ワンビサ
d0209934_11473488.jpg
d0209934_11472985.jpg

下の株はグレッグズみたいな色合いで咲いた

マリアセア・カルネア
d0209934_11491383.jpg


ハワイアン・ゴールド
d0209934_1148588.jpg


ムーン・ダンス
d0209934_11491745.jpg

花弁も多すぎずシャープで整った花ですね

マニー・レッド
d0209934_11511319.jpg

八重も大好きですけどねw

ジョーイ・トモシック
d0209934_11525433.jpg


ブラック・プリンセス
d0209934_11521112.jpg
d0209934_11525531.jpg

それぞれ咲いてた
やはりこの花は異彩を放ってますね

コンコルディア
d0209934_11541473.jpg



スカーレット・フレイム
d0209934_11572278.jpg
d0209934_11571725.jpg
d0209934_11571399.jpg

シベの先に白が入るのがおしゃれポイント
ただ白の入り方は花により大きく違うようだ
全く白が入らないことも

ブルボップ
d0209934_1201323.jpg
d0209934_120762.jpg

花弁は大きく開く

ウルトラ・バイオレット
d0209934_1224858.jpg


トロピック・パンチ
d0209934_1231971.jpg


ジェニファー・プレスネル
d0209934_1233855.jpg


セントルイス・ゴールド
d0209934_1243163.jpg

もともと小振りな花だけどちょっと小さすぎ

トロピック・サンセット
d0209934_1254779.jpg


ダーシー・プレスネル
d0209934_1274146.jpg
d0209934_127189.jpg


リン・エレン
d0209934_1294224.jpg
d0209934_1293866.jpg
d0209934_1293487.jpg
d0209934_1291274.jpg

絶対にどっかの鉢が咲いてる

ブルズ・アイ
d0209934_1211556.jpg


ラプソディー・イン・ホワイト
d0209934_12112522.jpg


サンシャイン
d0209934_1211371.jpg


チョンプー・ラープ
d0209934_12105812.jpg

じっくり見てると綺麗に思えてきた(笑

グリーン・スモーク
d0209934_12123880.jpg


ホワイト・パール
d0209934_12132141.jpg


オスタラ
d0209934_12135291.jpg


オーバージョイド
d0209934_12152925.jpg


コーラル・スカイ
d0209934_12151767.jpg

割と花大きい

リンジー・ウッズ
d0209934_12151165.jpg


ヒラリー
d0209934_12161535.jpg

うっすらピンクが美しい

オータム・クラッシュ
d0209934_12155872.jpg

まさに秋色ですね

ドウベン
d0209934_12165656.jpg


イスラモラダ
d0209934_12161740.jpg


スワンジトラ
d0209934_12163914.jpg

性質が弱いんだと思います


ミニ栽培
d0209934_1218381.jpg

意外と咲きます
案外詰め込んで栽培の鉢よりもよく咲いてるかもww


スイレンの勢いを感じないのは天候不順のせいもありそう
去年は水分蒸発が早くて頻繁に足し水した記憶がありますが、今年はほぼしてません
日照が例年の40%ほどだとか
だからかな野菜も元気ないです
by small_aquaworld | 2014-08-31 12:29 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
輸入したスイレンが到着しました
d0209934_19114166.jpg

d0209934_1911573.jpg

届くまでに7日掛かった
土日挟んだ分余計に掛かった。月曜日発送でよろしく。って言ったのに...
通関処理は非常にスムーズでした

一部こんな斬新な状態で届いた株も
d0209934_1914046.jpg

よく読んでなかったけど、「バルブの状態で~」みたいなこと言ってたような気もするな

今回のメインがこれ
ゾルフォ・スターです
d0209934_19165886.jpg

この花が見たいがために輸入した
またロストしてはたまらないので2株注文しときました(左2つがそれ)
d0209934_19183763.jpg

小振りの株の方は2株あったのでラッキー^^

こんな感じで養生しときます
d0209934_1920255.jpg

メネデールとリキダスをドボドボ投入

バルブで送られてきたものはというと
d0209934_1921540.jpg

まだ水中葉だし花を見るのは難しいかなぁ

なんか最近涼しいからスイレンの成長にはイマイチなんだけど養生にはよさそう
今の時期の輸入自体がかなりの冒険だったんだけど
気温が低いから傷みも少なく済んだし

とりあえずゾルフォ・スターの花は見たいですね


アメリカのホムセン的なところだとスイレンもそろそろセール品になってるのかな
ハンターズ・ムーンとかリン・エレンみたいな日本だと希少な品種が7$とかで販売されてるのは羨ましいですね
もちろん売れ残ってないと買えないけど(笑
by small_aquaworld | 2014-08-29 20:57 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
こんなムカゴを見つけた
d0209934_20404026.jpg
d0209934_20403456.jpg

以前紹介したミニ栽培のスイレンで出来たムカゴなんですが
なんと成長点が3つある!

1枚の葉に1つのムカゴ(成長点が1つ)がなるものと思ってたんでスゲー!って思ったんですが
これって珍しいんですかね?
もしかしてそんな珍しくもないのかな。
by small_aquaworld | 2014-08-29 20:56 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
こんな変なサギソウが咲いていた
d0209934_20494065.jpg

左の萼片だけが唇弁化している

同じ株のすぐ上の蕾は普通の花
d0209934_20525659.jpg


よく観察してたら意外と変わった花も出てたりするのかもね
今までそんなにじっくりと見たことなかったからなぁ
by small_aquaworld | 2014-08-29 20:56 | 園芸
気付けばなにげに結構な数育ててたりするチランジア
生態が独特なので栽培についても初めは戸惑いますが、コツを掴めばこれほど楽な植物もないですね
なにせ時々水遣るくらいしかすることがないww
小型種に絞れば場所を取らないのでコレクション向きかも

夏場は成長が分かりにくいチランジアも旺盛な成長を見せる季節
特に根っこの成長がよく見てとれます
d0209934_19591460.jpg
d0209934_1959857.jpg
d0209934_1959163.jpg
d0209934_19585492.jpg
d0209934_19584890.jpg
d0209934_19583925.jpg

色んな種類が発根してます
見てみたら隣のチラにくっついてたりして。。。
なぜ近くで根付かずに遠くに根を伸ばすのかが理解できませんw
発根したばかりの根っこは緑がかり時間が経つと茶色になります

d0209934_2043393.jpg
d0209934_2042930.jpg

こちらのジュンセア、色々気が早い。。。
これから開花なのに葉先が枯れこんできてるし、子株も出してる

d0209934_207994.jpg
d0209934_207465.jpg

マレモンティーって年中咲いてる感じ
下の写真の花芽がそのうち上のような紫の花を咲かせます
芳香種でとても良い匂いなのですが仄かなものなので屋外だと近づかないと匂いません

d0209934_20113174.jpg
d0209934_20112679.jpg

ディアフォランテマ亜属のチランジアは超小型で場所取らないですが数が無いとやはり地味かな
セルフで結実しやすいですね(というか、100%?)
シードポットからもう発芽してる(↑の緑色のものが発芽した個体たち)
d0209934_20131933.jpg
d0209934_20131481.jpg

その他ディアフォランテマもたくさん増えて欲しいなぁ
興味のない人には理解し難いですがこんな可愛いサイズでも値段は可愛くありません(笑
↑の特に希少な2種、見た目にもあまりに寂しいしどんどん増えて頂きたい
d0209934_20151695.jpg

このヒューストン、うちのチラたちの中では大きい部類になりますが、かっこいいから許す!
どちらかというと花を見たくて入手したんだけど
イオナンタとかに比べると遥かに大きいけど、分類的には小型チラになるんだろうな
海外で小型と表記されてる種のサイズ、ちょっとざっくりしすぎだと思う

d0209934_20182697.jpg

うちで育ててるチラの中でも特に希少種のモンストローセ
ダイソーでお馴染みのイオナンタの変種ですが
成長点がぐちゃぐちゃしてる”獅子化”と呼ばれる変異の起きた種
大抵の獅子化個体は気持ち悪く感じて生理的に受け付けないんですが、これは可愛い
ただこれってどうやって株分けるんだろ?
by small_aquaworld | 2014-08-26 23:16 | チランジア
現在、ミズメイガが猛威を振るっています
食害されてるのはなぜか熱帯スイレンのみで温帯スイレンは被害無しというのが興味深い
熱帯スイレンの葉っぱの方が薄いから人気があるのかと思ってます
熱帯種でも夜咲きやアネクフィアにはミズメイガ皆無で、居るのは昼咲きのブラキセラス属のみのよう
恐るべき食欲を見せるミズメイガは放置すると全てを食い尽くすので早めの対処が必要
怪しい葉っぱは全て除去するくらいの方が良いかもしれません
今日、居そうな葉っぱを片っ端からカットしました
もしかしたら葉っぱが1枚も無い株もあるかもしれませんが、体力のある株なら枯れることは無いだろうと思っています
ただ輸入直後にやられてしまうと非常に危険なので注意が必要です(去年枯れました)

ペリーズ・ベイビー・レッド
d0209934_21164315.jpg

サイズ的に姫スイレン扱いですよね
可愛らしい花です

ブア・ラピー
d0209934_21182971.jpg

今季導入して当たりだなと感じる品種
とても花上がりが良いです
奥の花も窄み咲きですがブア・ラピーで、2輪咲き
d0209934_212194.jpg

温帯種が種子を弾かせてました
この弾け方は非常にお行儀が良いです
普通は水面全体に飛び散りますw

温帯種は今日で20花を切るほどしか咲いてませんでした
根詰まりや肥料切れなんかもあるだろうけどこのままいきます

アンタレス
d0209934_2123723.jpg

朝5時だと暗くて撮れません(^_^;
5輪目の開花です。たぶん開花数は少ないでしょうね
夜咲きスイレンは45cm鉢だとかなり厳しい感じ。容器直径は60cm以上推奨、理想は80cm以上欲しいかな
頑張って小さくなろうとしてくれてると思うんだけど、あまり融通利きません
本当はもっと花上がりが良い品種です

ヤスヒロ
d0209934_21333234.jpg

赤いシベが特徴的
ギガンティア
d0209934_21344494.jpg

ヤスヒロの親になった青Gも咲いてました

ではミズメイガに人気の昼咲き種(笑
フィン・オ・ヘイガン
d0209934_2140464.jpg


ピンク・フラミンゴ
d0209934_2142522.jpg

綺麗です
この花形特徴的ですよね。これで黄色とか他の色作れたら素晴らしいんですが

ジェニファー・プレスネル
d0209934_21435270.jpg

一応開花

イスラモラダ
d0209934_2145210.jpg

自分でもどこに置いたか忘れてたw
けど斑入りの花なので咲けば分かりますね

オーバージョイド
d0209934_21462232.jpg

咲くよりも増殖に力が入ってるみたいな状態

リナ・アルマコッレ
d0209934_21475843.jpg

よく焦げます

スカーレット・フレイム
d0209934_21483185.jpg

メダカメインの容器だけどどうしてもスイレンを入れてしまう(^_^;
日除けにもなるからいいんじゃないかな....

ムーン・ビーム
d0209934_21494324.jpg

全然結実しません
不稔性?

オータム・クラッシュ
d0209934_21501192.jpg


紫式部
d0209934_21502579.jpg
d0209934_21501912.jpg

こいつは不稔性なんでしょうね
というよりもムカゴ種で結実するものが少ない気がする

熱帯種の開花は4,50花くらい
株数を考えればかなり控えめな気がします
一部品種が頑張って花数稼いでいます、ブリンクとかリン・エレンあたり
リン・エレンは2号ポットでも続々開花してくれるので非常に育てやすいです
反対にスワンジトラは株数あるのに花見れてません
やっぱり育てにくい気がします
by small_aquaworld | 2014-08-23 22:02 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
さっき珍フルーツ”パッションフルーツちゅうちゅう”てのが世界まる見えで紹介されてた
上を切ったら道具無しでそのまま食べれるそうな
ちょっと苗育ててみたいんだけど売ってないのかな?
こういうのって種子から育ててもダメだろうしなー

ミニ栽培も品種を選べば結構咲くらしい
d0209934_18383653.jpg

下の容器は最高で3輪咲いてました

サイアム・ピンク・チップス
d0209934_18392179.jpg

うちのISGの中では一番育てやすい感じです
いつ見ても咲いとるww
パープル1は最近はお休み、サイアム・ピンクは未開花な気がします

ヤスヒロ
d0209934_1842879.jpg

これもISG品種ですね
小さいけど咲き始めました

あとは温帯種は撮る気分じゃなかったので熱帯種をいくつか
オータム・クラッシュ
d0209934_18444875.jpg

ホワイト・パール
d0209934_18451710.jpg

白いいです
ブルズ・アイ
d0209934_18462172.jpg

この前破裂して種バラ撒いてたw
ピンク・レパーデス
d0209934_18462889.jpg

この蛍光ピンク大好きです
今年は販売無いので諦めてたんですが提供感謝です^^
今年はなんとか株を増やしておきたいな
リン・エレン
d0209934_19401868.jpg

なんか結構株がある
オスタラ
d0209934_19404420.jpg

スカーレット・フレイム
d0209934_1941191.jpg

セントルイス・ゴールド
d0209934_19413646.jpg

タンザナイト
d0209934_1942623.jpg

色薄いね
グリーン・スモーク
d0209934_19432344.jpg

スモーク・グリーン
d0209934_19431279.jpg

そっくりな2種
リンジー・ウッズ
d0209934_19434517.jpg

この角度好き
チョンプー・ラープ
d0209934_1944117.jpg

なんか特徴無い花だなー
うちの実生と大差ないわ(^_^;

温帯実生
d0209934_1947571.jpg
d0209934_19465968.jpg

こっちもこれといった特徴は無く...
まぁ綺麗ではあるんですが、やはり新種を作るのは難しいですね
育苗ポットに植えっぱなしなので温帯実生株はどれも鉢上げしないと開花してくれそうにない

メダカよりもカエルのオタマの方が
数が多いんじゃないか?って気がする今日この頃
アマガエルならいいのになぁ~
by small_aquaworld | 2014-08-18 20:00 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)
サギソウが続々開花してきました
同じ品種であっても一斉に開花するわけでなく、微妙なズレがありますね
早く咲いたものと遅く咲いたものを比べると2週間くらいは違いがありそうで
これを選別していくだけでも早咲き種と遅咲き種ができてしまいそうです

Habenaria radiata(ハベナリア・ラディアータ)
和名:サギソウ

d0209934_17512175.jpg

こちらは一般的なサギソウ ”青葉”
白鷺のように見える部分は勿論花びらですが、専門的には唇弁(リップ)と呼びます
上でバンザイしてる細長くて白い部分2つと合わせて、この3つがサギソウの花弁

↑で紹介している株は肥培管理したもので
肥料の加減が難しくて半分以上が消滅してしまったのですが、生き残った株は1つの花茎に4つの蕾を付けています
無肥料の株より花のサイズも大きく豪華な印象を受けます
サギソウを肥培するのは邪道という考えもあるでしょうが僕は花が多い方が好きなので肥培できるようになりたい

d0209934_1814220.jpg

サギソウ ”飛翔”
分かりにくいですがこの品種は萼が花弁のように変化(→唇弁化)した獅子咲きと呼ばれる花を持っています
この飛翔、自然下にて偶然発生したものらしく、発見当時は1株5000円くらいで取引されたそうです
割と丈夫でよく増えるからか、現在では手軽に栽培できるので良いですね
d0209934_18224443.jpg

花が豪華になった分、重さも増してこのように花が垂れます
この状態は生育に良くなさそうな...支柱で花茎を補強した方がいいかもしれない


最後に小ネタ
サギソウの花は花粉を取り除いた方が花持ちが良いらしい
花粉は中心の黄色っぽい部分に指を押し当ててもにょもにょすると左右一対、2つの花粉塊がカンタンに取れますが、
本当かどうかは知りません(笑
気になる人はやってみよう!
by small_aquaworld | 2014-08-18 19:57 | 園芸
夏になると室内水槽の水温が気になってきます。
”熱帯魚”とは言っても暑すぎるのはアウトだし、
何も対策しないとヘタをすると水温35℃だとか現地以上の高温にもなりかねない。
エビなどは魚以上に高水温に弱いし、水草にも影響が出てきます。

そこで水槽を冷やす手段が必要なわけですがおおまかに3つあると思います。
①ルームエアコン
②水槽用クーラー
③冷却ファン


可能であるのなら①ルームエアコンのクーラーで冷やすのが一番カンタンで強力です。
但し環境によっては電気代を覚悟しましょう(笑
うちの場合は水槽を置いてる玄関周りをクーラーかけるのは色んな意味で無理

②の水槽用クーラー
様々な原理のものがあり、値段も大きく違います。いいものはそれなりの効果はあるんでしょう。
ただルームエアコンでいう室外機が無いため、本体から直接熱風が排出されるという点が個人的には致命的。
水槽冷やすために部屋をサウナにはしたくない。
また水槽の本数があるときにはあまり現実的ではない。

という消去法からうちは③冷却ファンを選択。水槽用クーラーほどうるさくもないしね。
冷却ファンも色々と市販されてますが正直パワー不足なんですよねー
d0209934_110566.jpg

壊れたものも含めると今まで10台以上購入してますがこれというものが無い。なので自作だ!という話。
↑の写真で稼働できる冷却ファンが9台あるのではありますが、
特に3連装のファンがうるさい、風力弱い、壊れやすいの三重苦。どれか1つが動かなくなったりとか。

市販品と自作冷却ファンの特徴を挙げてみると、

市販冷却ファン
☆メリット☆
・買ってすぐ使えるので手軽
・安全性が高い
・水槽への設置が容易

★デメリット★
・非力
・その割には意外と音がうるさい
・結構壊れやすい
・ACアダプタデカすぎだろ!!


自作冷却ファン
☆メリット☆
・ハイパワー
・シンプルな構造のため、故障しにくい
・思ったほどうるさくはない(使用するPCファンによる)
・安く作ることができる、かもしれない

★デメリット★
・見た目が微妙?
・作る手間が掛かる
・安全性の保障は無い


どうやら最近では逆サーモ内蔵の冷却ファンもあるようです。
が、当然ながら一体型になってればどこか故障したら丸ごと買い替えになってしまいます。
オートヒータと違って、逆サーモ内蔵冷却ファンはコードの本数も結局変わらずであまりメリットを感じません。
(逆サーモの本体が無くなっただけだし、温度も固定で設定できないから不便)
てか、25℃固定だと市販の非力なファンじゃずーっと回りっぱなしなんじゃ....
市販品を買う場合は、それぞれ単体で逆サーモ+冷却ファンとした方が良いでしょう。


冷却ファンの自作は安くすることを主眼とするなら500円くらいで作れるかもしれませんが、
どうせ作るならそれなりのものを作りたい。結果、市販品買った方が安くなりました(笑
でもかなり満足いくものができましたよ。
の前に失敗談。
↓カカクコムで高評価だったPCファン
d0209934_1371972.jpg

早速作って回してみたらほぼ無風??
まさかの結果に調子乗って買った3つとも即ゴミに....
こんな超低速回転でPCがちゃんと冷却できるんでしょうか。激しく疑問です
d0209934_1412713.jpg

見た目はとっても綺麗なんですけどねぇ



では気分を改めて水槽用冷却ファンの自作! ※自己責任でお願いします※
d0209934_1424458.jpg

上の段:DCジャック、ACアダプタ(12Vのもの)、PCファン
下の段:DC分岐ケーブル、M4ネジ&ナット


上の段が絶対に必要なもの。下の段はあると便利なもの。M4ネジはファン固定用です。
因みに。ファン以外の電子パーツ類は全て秋月電子のネット購入。
種類豊富で発送までの対応もスピーディーなのでお勧めです。

d0209934_1475448.jpg

DCジャックはこういうタイプがいいです。基盤用など安いのですが配線むき出しなので熱収縮チューブや自己融着テープとかで保護する必要が出てきます。
ACアダプタ⇔PCファン間を直結すればDCジャック不要ですが、こちらの方が何かと便利。
PCファンのコードは写真のような赤と黒の2本だけなら分かりやすいのですが、ファンによって3本や4本のコードになってます。そこそこの値段がするファンなら4本コードになっています。
4本あっても必要なのは2本のみなので(他は信号、制御用)、実際に軽く触れさせて回るか確認してください。
どちらかの端から2本です。
d0209934_203167.jpg

配線ははんだ付けすれば確実ですが、穴に通して巻きつけるだけでも十分です。僕はそうしてます。

※ACアダプタはファンが大体12Vなのでそう表記しましたが、ファンによっては変わるかもしれません。
ファンのスペックをよく確認してみてください。また電流(A)の許容量もよく確認してください。
ファンのA数 < アダプタのA数 となるように。

ところで市販品のACアダプタ、嫌がらせなのかやたらと大きいんですが(たぶん安いからと思う)
4枚目写真のようにとても小型なものもあります。因みにこちらの方が遥かに高性能。
精密機器ならともかく、ファン回すだけだしね。こんな無駄に大きいアダプタの必要性を感じない。
何気にこのアダプタの自己主張が激しいところも気に入らなかったんですが、自作ならその辺も解決。
このACアダプタの出力が12V,1Aなので消費が激しいファンでも3,4台は繋げることが可能です。
市販品ファンくらいのだと5,6台はいけそう。
d0209934_2185456.jpg

こんな風に連結させて分岐ケーブル使えば、あっというまに高性能冷却ファンのできあがり!!
このPCファン、風量が多めのタイプなのでかなり強力そうですよ。
市販の冷却ファンの数倍強力でしょう。
こちらもカカクコムで好評価だったものですが、これはいいものだ。。。
↑の残念ファンとメーカーは同じ(^_^;
d0209934_2233387.jpg

動作時はこんな感じ。個人的な趣味ですが光るのがイイネ!
両端に2台×2。4台だとさすがに音もそこそこしますが市販ファンのこもったような音にはならないのでそこまで気にはならないです。

結局3台の買い直し含め、11台もPCファン買ってしまった(^_^;
自作というと敷居が高く感じますが、この場合やることはPCファンをDCジャックと繋ぐだけと
小学生の工作レベルですのでお手軽にできます。
作業時間も5分も掛からないし、作ってしまえば数年は持ちます。
ファンの数をお手軽に増設できるのもメリットですね。
ファンの加工よりも水槽への設置方法をどうするか?が一番の悩みどころなので各自工夫してみてください!
ファンを固定する際に使うネジ、青ケースのやつ、ダイソーなんですよ。108円也。
ホントなんでもありますね~。ナットやワッシャまでセットなんですよ。知らずに高いの買ってたよ(苦笑

ファンがむき出しだと危ないって人は100均の園芸用鉢底ネットみたいなものでカバーすればいいかと。
回転中に指が入ってしまったりしましたww が、別に指を飛ばすことにはなりません。
ファンの材質がそこまでの硬さも鋭さも持ってないので、運が悪いとファンの方が壊れます。

そして冷却ファンの自作&セッティングができたら逆サーモと繋いで完了!
さすがに逆サーモは購入ですが、この逆サーモにも当たり外れがあって曲者です。
水温の精度は気にしないので別に±1℃位誤差があっても別にいい。ただ―
うちには2種類ありますが、1種類は完全に電流を遮断できていないのか、非動作時でもファンが2秒間隔くらいで小刻みに動きます。
同一機種2台ともがそうなのでそういう仕様なのでしょうが意外と気になります。
特にライト付きのヒカリモノファンだったりするとライトも小刻みに点灯するので鬱陶しいし、なんか消耗早くなりそう。
これは注意しようがないですがそういうものもあるってことで。

今回自作ファンを紹介しましたが、
メタハラでオープンアクアみたいな上部が空いてる環境なら
市販のクリップファン使えば十分です。別に自作する必要すらない(笑
by small_aquaworld | 2014-08-13 21:51 | 水槽
台風11号しぶといな~
台風直撃というのがあまり経験無いことなので心配だったけど特に被害も無くて良かった
過ぎ去ったわけではないから、まだ風が強くなったりするんだろうか...

そんな中で咲いてたスイレンとか
まずはこれです!
レッド・クイーン
d0209934_12401457.jpg
d0209934_12401084.jpg
d0209934_1240652.jpg

やっと咲いてくれました
そこそこ綺麗ですが本来の色はマニー・レッド並みに濃いんですよね?
なかなか葉数が増えず、他が次々と咲く中で花芽も全然見えないのでヤキモキさせられました
junjiさんからせっかく頂いたのに咲かせられないかと心配させられましたが良かった~

たぶんこのレッド・クイーン開花で温帯種は実生除けば全株開花したはず
あとはサイアム・ピンクが待ち遠しいな

サイアム・ピンク・チップス
d0209934_12515139.jpg
d0209934_12513988.jpg
d0209934_12513010.jpg
d0209934_12512337.jpg

これも勢いがつけば熱帯種並みに続々咲きますね
昨日は4輪咲きしてたようですが、タイミング合えば6,7輪咲きくらいはいきそう
ピンクチップスになった花、見てみたいです

スターブライト
d0209934_12565184.jpg

花のサイズが結構大きい気がする
ブラッシング・ブライド
d0209934_1257578.jpg

タンポン
d0209934_12572389.jpg

特に温帯スイレンって雨が似合う
マニー・サイアム
d0209934_1257457.jpg

サイアム・ニンフ
d0209934_13332919.jpg

カロリニアナ
d0209934_13341043.jpg

一瞬、隣で咲いてるアーカンシエルと間違えたけど、こっちはうっすらピンク

ブリンクのサイズが株によって大きく違ってたので測ってみた
d0209934_13381977.jpg
d0209934_13381472.jpg

11cmと7cm
入れてる容器は同じだけど、それだけ株が充実してるってことかな

トロピック・パンチ
d0209934_13401164.jpg

コーラル・スカイ
d0209934_13403080.jpg

バーバラ・バーネット
d0209934_13404147.jpg

マイアミ・ローズ
d0209934_13405177.jpg

調子に乗って株分けしすぎたー
今20株くらいあるかも(笑
オータム・クラッシュ
d0209934_13424364.jpg

メイン株はまだ咲かず
ムーン・ビーム
d0209934_13434352.jpg

カンジャナテップ
d0209934_13435898.jpg

やはり綺麗ですね
何株か増えたのでたくさん楽しめそうです^^


温帯種の花数が落ちてきたかわりに熱帯種が咲き始めてきました
おかげで毎日40花くらいは咲いてるようですが
植え替えしないといけないよなぁ~(^_^;
by small_aquaworld | 2014-08-10 13:53 | スイレン(睡蓮)/ハス(花蓮)